上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひまわりが登場しない最後の映画だそうです。だからひまわり居なかったのかあ・・


『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』 (1996年・日)
クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険
スタッフ
監督:本郷みつる
脚本:原恵一、本郷みつる
原作:臼井儀人「クレヨンしんちゃん」
製作プロデューサー:茂木仁史、太田賢司、堀内孝
音楽:荒川敏行、宮崎慎二
撮影:高橋秀子
編集:岡安肇
製作会社:シンエイ動画、ASATSU、テレビ朝日
配給:東宝
キャスト
野原しんのすけ:矢島晶子
野原みさえ:ならはしみき
野原ひろし:藤原啓治
風間くん:真柴摩利
ネネちゃん:林玉緒
マサオくん:鈴木みえ(現・一龍斎貞友)
ボーちゃん:佐藤智恵
河村くん:大塚智子
よしなが先生:高田由美
まつざか先生:富沢美智恵
園長先生:納谷六朗
トッペマ・マペット/メモリ・ミモリ姫:渕崎ゆり子
ゴーマン王子:保志総一朗
ス・ノーマン・パー:古川登志夫
クレイ・G・マッド:辻親八
チョキリーヌ・ベスタ:深雪さなえ
アクション仮面:玄田哲章
カンタムロボ:大滝進矢
ぶりぶりざえもん:塩沢兼人
ランプの精(スゲーナスゴイデスのトランプの精(略してスゲトラちゃん)):八奈見乗児
ジョマ:田中秀幸
マカオ:大塚芳忠


 本郷みつる監督作品「クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」

 この映画は古川登志夫さんが声をアテていたス・ノーマン・パーという敵キャラが一番好きなんですよね。敵キャラのくせに江戸っ子ですげえ気さくなキャラクターなんですよね。古川さんの声も合ってたし・・

 96年だから声優も結構豪華な感じですよねえ。八奈見乗児(ドラゴンボールの界王様)とかなんといっても敵の首謀者のマカオが大塚芳忠ってのもいいですね。あとジョマは田中秀幸。秀幸さんのオカマ声は広川太一郎に似ていますね。

 ヒロインは渕崎ゆり子。私は渕崎ゆり子は「めぞん一刻」でのあの主人公に恋する女子高生・八神の声が好きでした。

 さてこの映画での最大の見どころは野原一家とオカマのジョマとマカオの追いかけっこですね。ひたすらに追いかけ邪魔したりするあの描写は最大の見どころだと私は思いましたね。

 ストーリーは私にとってはどうでもよかったですね・・というか春日部防衛隊が全然、活躍しなかったのでちょっと不満気味ですねえ。あとしんのすけのキャラって映画だとよくぶれますよね。オトナ帝国の逆襲のしんちゃんとは同一人物に見えませんよ・・この映画のしんちゃん。


【あらすじ】

 ふたば幼稚園の遠足でしんのすけ達は群馬に出来た新しい遊園地「ヘンダーランド」に来ていた。そこで迷子になったしんのすけはトッペマ・マペットという動く不思議な人形の少女に出会う。しんのすけはトッペマの話を聞き違う世界から来たお化けを倒してほしい、という頼みを拒絶する。だがヘンダーランド側はしんのすけを見逃そうとはしなかった・・・













【以下全部ネタバレ注意】












↓四行後にネタバレ文あり




 ある国の王子様がお姫様を救うためにオカマ魔女のマカオ(大塚芳忠)とジョマ(田中秀幸)に戦いを挑むが、敗れてしまう。

 ふたば幼稚園の野原しんのすけ(矢島晶子)達は群馬県に新しく出来たテーマパーク「ヘンダーランド」にやってきていた。様々なアトラクションを楽しむしんのすけ達だった。



 しかししんのすけは途中で迷子になってしまう。たまたま建設中のテントに入り込んでしまったしんのすけはそこで機械の中に動かなくなった女性を見かける。そんなしんのすけに声をかけたのはサーカス団長のクレイ・G・マッド(辻親八)。

 クレイはしんのすけの気を引くために人形劇を見せる。しんのすけはクレイが止めるのも聞かずその人形トッペマ・マペットのネジを巻いてしまう。


♪――わたしは トッペマ あなたの しもべ
    だけど 何の 役にも 立たない
    だって わたしは ただの マペット――♪


 ネジを巻かれて動き出したトッペマ・マペット(渕崎ゆり子)。マペットはしんのすけに団長らヘンダーランドの奴らは怪物で、私たちの世界を滅ぼし今度はしんのすけらの世界も滅ぼすつもりだ、と打ち明ける。しんのすけはマペットのいう事を聞く。

 マペットは狼に変身したクレイを魔法のカード、スゲーナ・スゴイデスによって消滅させる。しかしテントから脱出しようとした直後に遭遇したケバい女性チョキリーヌ・ベスタ(深雪さなえ)にしんのすけは誘惑されてしまう。

 チョキリーヌが悪い女だと知ったしんのすけはマペットに味方するがチョキリーヌはマペットを消してしまった。しんのすけは何もできずにマペットのネジを持って家に帰ってしまう。

 家に帰った後、浴室でしんのすけはマペットと再会する。マペットは世界を助けるためにしんのすけが魔法のカード、スゲーナ・スゴイデスを唯一、強力な力で使うことができるので一緒に魔女マカオとジョマと戦ってほしいと頼み込む。しかしそんな大きな連中と戦うことを怖がったしんのすけは拒否しマペットは去ってしまった。

 それからしばらく過ごしたしんのすけ。しかしマカオとジョマは見逃すはずがなく、新幹部のス・ノーマン・パー(古川登志夫)がふたば幼稚園に送り込まれる。最初は気さくなス・ノーマンを信じたしんのすけだったがス・ノーマンが魔法のカードのことを問い質してきたためしんのすけは警戒する。

 その夜、野原みさえ(ならはしみき)やヒロシ(藤原啓治)と仲良くなったス・ノーマン。ス・ノーマンは二人を眠らせてしんのすけを襲う。しんのすけはカードで頼りになるアクション仮面(玄田哲章)、カンタムロボ(大滝進矢)、ぶりぶりざえもん(塩沢兼人)を呼び出す。

 アクション仮面、カンタムロボの攻撃もス・ノーマンにはきかない。あろうことかぶりぶりざえもんは裏切ろうとする始末。しかししんのすけも含めた四人でス・ノーマンを囲みおしくらまんじゅうをするとス・ノーマンは溶けだしたため、ス・ノーマンは撤退する。

 しかしス・ノーマンはヘンダーランドに野原一家を招待チケットを送って誘き出していた。しんのすけは行くのを嫌がってもひろしとみさえはチケットが勿体ない、と連れて行ってしまう。

 帰る直前、ひろしとみさえはトイレに行ったときに誘拐され偽物の人形がしんのすけを家へ連れ帰る。人形は風呂場でしんのすけを襲うがそれを助けたのはマペットだった。しんのすけは両親を助けるためにヘンダーランドへ行くことを決意する。

 ヘンダーランドで再びアクション仮面、カンタムロボ、ぶりぶりざえもんの力を借りて狼のクレイを湖に落としたしんのすけ。やがてクレイはひろしの姿に戻った。クレイはひろしの体を借りていたのだ。

大勝利
↑左からアクション仮面、カンタムロボ、野原しんのすけ、ぶりぶりざえもん、マペット

 続いて襲い掛かるチョキリーヌ。マペットは自分を巻き込んだ攻撃でチョキータを倒す。しんのすけは涙ながらにマペットに駆け寄るがマペットはやがて動けなくなってしまった。そしてチョキリーヌはみさえの姿に戻った。

 最終決戦。野原一家は城でオカマ魔女のマカオと対決する。一回戦は踊りの戦いで勝利。二回戦はババ抜きで敗北。やがてしんのすけは魔法のカードの中からジョーカーを使う。

 すると時が止まってしまった。やがてジョーカーのカードの精霊(八奈見乗児)がしんのすけだけにオカマ魔女を倒す方法を教える。城のてっぺん近くまで登ってカードを指定の位置にかざせばいい、とのことだった。



 やがて城のてっぺんを目指す野原一家とオカマ魔女二人の追いかけっこが始まった。(このシーンがこの映画最大の見どころ

 何とかカードをかざしたしんのすけ。やがて城が崩れ出し野原一家は砦のようなところの仕掛けをつかってなんとか生き延びた。

 しかしそこにス・ノーマンがやってくる。万事休すのところへやってきたのはしんのすけがテントで見つけた機会に捕らわれた女性。女性はス・ノーマンを元の姿に戻す。ゴーマン王子(保志総一朗)で、その女性メモリ・ミモリ姫(渕崎ゆり子)の国の王子だったのだ。

 メモリ・ミモリ姫はマペットに身体を封じられていたのだ。つまりマペットは生きていたことになる。しんのすけは大喜びする。

 やがて元の世界に戻ったミモリ姫はゴーマン王子と結婚し二人は仲良く暮らしましたとさ、めでたしめでたし。








 やはりこの映画も面白かったですけどオトナ帝国の逆襲には及ばない、と感じました。オトナ帝国は本当に良い映画でした。

 しかしこの映画では本当にオカマ魔女と野原一家の追いかけっこのシーンに凄く力を注ぎこんでいる、と感じました。このシーンのつくりに本当に感心しました。どんな映画にも必ず良い所はある、それは淀川氏と同意見だしそういう信条を私はとても尊敬しています。

 そしてストーリーはどうでもいい、とは言いましたが実はこの映画。シリアスとコメディの対比がうまくできていると思いました。しんのすけがマペットを拒否したあと、わずかながら過ごした平和な日々・・しかしそこにも納得できないところがあるわけで。そのシーンがうまく音楽と合っているんですよね。

 そしてしんのすけがマペットを失い(正確には後に生きていたが)ヒロシが「今、俺たちの息子が成長し少し大人になったところだ」というセリフ。確かにしんのすけがぶれている、と感じたのは事実ですがこの映画はしんのすけの心を象徴する映画とも感じました。

 この映画をこれから観る予定がある方はそういったところも感じて観賞するのもいいと思います。
スポンサーサイト
今日は雑誌「映画秘宝」で2001年度全ジャンルのベスト10に今のところ唯一、1位となったことがある映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」を観ました。凄いですねえ。アニメーション部門じゃなくて全部門で1位ですからねえ。


『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』 (2001年・日)
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
スタッフ
監督:原恵一
脚本:原恵一
原作:臼井儀人「クレヨンしんちゃん」
製作プロデューサー:山川順市、和田やすし、福吉健
音楽:荒川敏行、浜口史郎
撮影:梅田俊之
編集:岡安肇
製作会社:シンエイ動画、ASATSU、テレビ朝日
配給:東宝
キャスト
野原しんのすけ:矢島晶子
野原みさえ:ならはしみき
野原ひろし:藤原啓治(子供時代:三田ゆう子)
野原ひまわり:こおろぎさとみ
シロ:真柴摩利
風間くん:真柴摩利
ネネちゃん:林玉緒
マサオくん:一龍斎貞友
ボーちゃん:佐藤智恵
よしなが先生:高田由美
まつざか先生:富沢美智恵
上尾先生:三石琴乃
園長先生:納谷六朗
野原つる:北川智繪
野原銀之助:松尾銀三
TVの声:関根勤、小堺一機
チャコ:小林愛
ケン:津嘉山正種


 原恵一監督作品「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」

 クレヨンしんちゃん映画作品の中でも1位2位を争う人気な映画ですね。私もこの映画を観てアニメとしてだけでなく映画としても名作だなあ、と感じさせられました。

 さてケンとチャコの“イエスタデイ・ワンスモア”というグループですが、この名前は多分カーペンターズの1973年に発表したシングル「イエスタディ・ワンスモア」からとっているのでは、と思います。

♪イエスタディ・ワンスモア   カーペンターズ


 この映画には結構、オマージュとなってるであろう場面が多いんですよね。ウルトラマンとか赤塚不二夫の「シェー」とか、大人の方には懐かしいであろうネタでしょうね。そしてタイトルもきっと「スター・ウォーズ エピソードV 帝国の逆襲」からとったんでしょうね。

 あと20世紀博の臨時放送の発表の時のロゴがパラマウント映画っぽいですね。


【あらすじ】

 春日部に「20世紀博」というのが誕生した。昔懐かしき20世紀の遊びやグッズがあったりする。大人はその魅力に魅せられていた。また、春日部の町も懐かしき雰囲気に包まれそうになっていた。そんなある日、20世紀博からテレビで発表があった。明日の朝、迎えが来る。その発表を見たとたん、野原家のひろしとみさえは突然人が変わったように眠り始める。各所で大人たちに異常が起き始めていた・・・

※残念ながら予告編は埋め込むことが出来ませんでした。観たい方はこちらからお願いします。


♪ダメダメのうた    LADY Q&野原しんのすけ(矢島晶子)、野原みさえ(ならはしみき)













【以下全文ネタバレ注意】












↓四行後にネタバレ文あり




 春日部に20世紀博が誕生した。それは20世紀の昔懐かしきグッズや遊びを体験できる巨大なテーマパークだった。

 野原家のひろし(藤原啓治)と、みさえ(ならはしみき)はその20世紀博で息子のしんのすけ(矢島晶子)やひまわり(こおろぎさとみ)を託児所に預けて遊び呆けていた。野原家だけでなく春日部の人やまた、日本の各所からやってきた大人たちが子供を放置気味で遊んでいたりしていた。

 自分たちの町に帰って来た野原家。町では懐かしグッズやファッションが流行しており、春日部は昔懐かしい雰囲気に包まれていた。

 一方の20世紀博では“イエスタディ・ワンスモア”のリーダー・ケン(津嘉山正種)とチャコ(小林愛)が新しく到来したばかりの21世紀が蔓延する外の世界に嫌気が差していた。二人は施設内に作った仮想の昔懐かしき町で暮らしており、外の世界もいずれは昔のような匂いが充満する時を待っていた。

ケン

 その日の夜、20世紀博から臨時放送の発表があった。その発表というのは「明日、20世紀博がお迎えにあがります」という発表だった。

 たったそれだけだったがその放送を見た途端、ひろしとみさえは飯も作らず食べもせずに眠り出す。しんのすけは二人に飯を作ってくれとお願いするが二人はそれを無視して寝だすのだった。それは野原家だけでなく春日部のほとんどの大人たちも同様だった。

 翌朝、大人たちは子供のお菓子を食い漁っていた。しんのすけは怒るが両親はそれを無視していた。育児放棄ともいえる。しんのすけはわずかのお菓子をひまわりと分けて食べ、幼稚園に行こうとバスを待つ。

 しかしバスはいつまでたっても来ない。しんのすけは家に帰ってくんな、という両親の手振りを見てひまわりを連れて三輪車で幼稚園へ向かう。道中、大人たちが子供のように縄跳びなどで遊び呆けている異様な光景を目の当たりにする。

 幼稚園についても園長先生(納谷六朗)などは仕事もせず他の先生と遊んでいた。しんのすけはそれらの先生に追い払われる。家に帰る途中、大人たちを迎えに来たトラックの列が到着。それらのトラックに両親も乗っておりしんのすけはトラックを追いかけるがトラックは無情にも去って行った。

 しんのすけは友達の風間くん(真柴摩利)、ネネちゃん(林玉緒)、マサオくん(一龍斎貞友)、ボーちゃん(佐藤智恵)と自分の家で相談する。とりあえず腹が減った一行はひまわりも連れてコンビニに行って食べ物を得ようとするが悪ガキたちが占領していた。何とか忍び込んで、食べ物を持って帰るが逃げる途中で多くを落としてしまい空腹感は満たなかった。

 やがて大人がいないので町から電気も消え、一行はしんのすけの家でラジオを聴く。するとケンのアナウンスで明朝に子供を迎えに来る、このトラックに乗れば親に会えるし良い食事もできるが、この迎えのトラックに乗らなければ親とも会わせないし酷い目にも遭うだろう、ということを聞く。

 翌朝、一行は次々と20世紀博の職員によって乗っけられる子供たちを見ながら、怪しいので乗らないことを決めていた。そして何とか逃げ延びるためにしんのすけの愛犬シロ(真柴摩利)も連れてデパートへ向かう。

 子供たちを20世紀博に連れて行くトラックの職員の一人が運転手にこの子供たちはどうなるんだろうな、ということを聞く。運転手は「親に会えるっていうのは嘘で、本当は徹底的に教育して子供たちから21世紀の臭いを消して20世紀の匂いに染まらせてから、次の世代として育てる」と本当のことを話す。しかし乗らなかった子供がどうなるかは、運転手も知らなかった。

 デパートで腹も満たし、翌朝8時に行われる一斉子供狩りから逃げ延びるべく一行は寝るのだった。

 朝、なんとしんのすけが8時ジャストに目覚ましをセットしたせいでデパートから逃げ遅れ、中に次々と職員やケンに駆り出された大人たちが捕まえに入ってくる。

 しんのすけらはデパートの中でなんとかやり過ごし、幼稚園のバスに乗り込んで最初はボーちゃんが運転しながら走り出す。ケンはそのバスの運転で自分の愛車トヨタ2000・GTを傷つけられただちに職員たちにバスを追いかけさせる。

 何だかんだで追跡されながらも運転役をローテーションしながら捕まるには至らなかった一行のバス。やがて風間くんがこのバスが20世紀博に向かっていることに気付き、一行は逃げてもラチが明かないので、大人たちを取り戻すためにこのまま20世紀博に行こう!ということになる。

 バスが近づいていることを知った20世紀博の職員たちはゲートを閉鎖しようとするが何とシロの運転で何とかバスはそれに間に合って中に入り込む。そしてホールの柱に激突。大人たちは一斉にバスを包囲し風間くん、ネネちゃん、マサオくん、ボーちゃんは捕まる。ケンは「もう大人は昔懐かしの“匂い”によって今の大人に戻ることはない」と親に会いたい、という子供たちに話す。しんのすけとシロ、ひまわりは隙をついて逃げ出す。

 シロの匂いを頼りに入った部屋に幼い頃の父ひろし(三田ゆう子)が居た。ひろしは父・銀之助(松尾銀三)と母・つる(北川智繪)に月の石を見に行きたい、とねだっていた。しんのすけはひろしを連れ戻そうとするが幼いひろしはしんのすけなんて、知らないと言う。

 しんのすけはひろしに現在の“匂い”を取り戻させようと悪臭がするひろしの靴をかがせる。ひろしはその臭いでこれまでの自分の人生を思い出す。学校を卒業し上京して、会社でいろんな辛いことがあったけど結婚し子供も持った。家族を形成した。



家族

 どんな辛いことがあっても家族の笑顔を見て明日の仕事へのやる気を取り戻した。そんなことを思い出した大人ひろしはしんのすけを涙ながらに抱きしめるのだった。

しんのすけを抱きしめるひろし

 ひろしはみさえにも自分の靴の臭いを嗅がせ正気を取り戻させる。そこへケンと職員たちが到着。ケンは野原一家をある場所へ案内する。

 それは自分たちの暮らす昔懐かしの町を再現したエリアだった。ケンはその町から漂う匂いによって大人たちを洗脳した、と明かした。ひろしもみさえもその匂いに再びつられそうになるが、ひろしの靴の臭いを嗅ぐことによって何とか耐えきった。

 ケンに連れられてきたのはケンが暮らす古風のアパートの自室。しんのすけもひろしもその部屋で待っていたチャコのいい女っぷりを見たりした。やがてケンは21世紀の外の世界には20世紀のような未来に希望を抱いたあの匂いがない。やがては外の世界にもこの匂いを充満させ、再び20世紀に逆戻りさせようという計画を漏らす。

 20世紀博のタワー上部のボタンを押せば今90%くらいの充満率が100%となり、やがてはひろし達も靴の臭いでは耐えられないだろう、と話す。ケンは「おまえ達が本気で21世紀を生きたいなら行動しろ。未来を手に入れて見せろ。早くいけ」と言い捨てる。野原一家はそれを阻止するべく、懐かしの町エリアを脱出し階段でタワーへと向かう。未来を取り戻すために。

 野原一家は懸命に走り出し追っ手を振り切ったりする。やがてケンとチャコの乗ったエレベーターもタワー上部へと向かい始める。ひろしはケンのエレベーターを登らせないようにドアを掴む。ケンはひろしに「昔に戻るつもりはないか?」と問うがひろしは否定。ケンは残念だな、君の人生はつまらないものだったな、と話すとひろしは「オレの人生はつまらなくなんかない!家族のいる幸せを、あんたたちにもわけてやりたいくらいだぜ」と言い捨て、やがてエレベーターは登り出す。

 みさえとひまわり、シロが追っ手を食い止めている間にしんのすけは懸命に登っていった。その映像は懐かしさに魅せられた大人たちも見ていたのだった。

タワーを駆けのぼるしんのすけ

 タワー上部の階にて。先に辿りついたケンとチャコはボタンへ向かう。そのケンの足にしがみついたのはしんのすけだった。しんのすけは懸命にケンの足にしがみつき、蹴り飛ばされながらも諦めない。

 やがてケンはボタンを押しても無駄になってしまうことに気付いた。大人たちは野原一家が未来を取り戻すために戦う姿に再び現在や未来を生きていく希望を抱いたのだった。90%の充満率がほぼ0に近い数字にまでなっていた。

 チャコはしんのすけに泣きながら20世紀の頃に希望を信じ夢を抱いた21世紀なんて辛いだけじゃない!なぜそこまで生きようとするの!と問うとしんのすけは「オラ、父ちゃんと母ちゃんやひまわりやシロと、もっと一緒にいたいから・・・ 喧嘩したり、頭に来たりしても一緒がいいから・・・ あと、オラ、大人になりたいから・・・大人になって、お姉さんみたいな綺麗なお姉さんといっぱいお付き合いしたいから!!」と答える。

 チャコはその言葉に言い返せず、ケンに「外の世界でなんて生きたくないわ」と話す。ケンは納得し、しんのすけに「君の家族と未来は返すよ」と言い残しどこかへ去って行った。

 やがてひろし達も合流。ひろしはしんのすけを労ってケンを追いかける。

 ケンとチャコは21世紀に絶望し飛び降り自殺を図ろうとしていた。そして飛び降りようとした瞬間、しんのすけが「ずるいゾ!」と大声をあげる。その言葉と共にすぐ下で巣を作っていた家族持ちの鳥に邪魔され飛び降りることはできなかった。

 やがてチャコは死ぬのは怖い、と本音を打ち明けケンは「また、家族に邪魔されたな」と寂しそうに言う。しんのすけは「二人だけでバンジージャンプするなんてずるい!オラも混ぜて」と言うがケンは「いや、もうしないよ」と言いチャコを抱きしめるのだった。

 やがて大人たちも子供たちも20世紀博から解放される。ケンとチャコもどこかへ車で向かっていった。春日部の住人を乗せたトラックは懐かしの春日部の町へ向かっていく・・・

♪元気でいてね      小林幸子








 この映画は名言のオンパレードでしたね。いやあ、本当に良い映画だ。仮に淀川先生が生きていたら、この映画を観てまあいいことを言ったんじゃないでしょうか。

 実はしんのすけが階段を必死に登るシーンで途中で絵コンテが荒くなるんですよ。それがそういう演出でやったのか故意ではなかったのかは知りませんが私はこれもしんのすけの未来を取り戻す必死さを表していて凄いいい表現だったと思います。

 こちらにやまみちしん様が思ったこの映画の名言集があります。興味のある方は見てみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。