上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジブリのアニメ映画です。さあ!トトロワールドへようこそ!


『となりのトトロ』 (1988年・日)
となりのトトロ
スタッフ
監督、脚本、原作:宮崎駿
製作:徳間康快
音楽:久石譲
撮影:白井久男
編集:瀬山武司
キャスト
草壁サツキ:日高のり子
草壁メイ:坂本千夏
草壁タツオ:糸井重里
草壁ヤス子:島本須美
トトロ:高木均
ネコバス:龍田直樹
カンタのお婆ちゃん:北林谷栄
大垣勘太:雨笠利幸



 スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画「となりのトトロ」。やはり宮崎駿監督作品なのですが、30年くらい前の映画なのに今日まで日本人に有名な映画ですよね。

 最初に言っておきます、トトロ死神説やサツキとメイが終盤で死ぬ、なんて都市伝説は私は信じません。真っ向から否定しますのでそのつもりでお願いします。

 子供にとってはトトロとの出会いがワクワクする映画、大人にとってはこの映画は昔を懐かしみ感傷にひたる映画でしょうね。

 ピュアな子供たちにしか見れない伝説のお化け「トトロ」。いや~生涯で一度は会ってみたいものですが高校生にもなっちゃうとトトロには会えませんねえ。あと都市伝説を信じたり広めてる方は一生、トトロには出会えませんよ。言ったでしょ?都市伝説を完全に否定するって。

 それにしてもトトロのあの「ウワッーーー!」とかの鳴き声、全部人がアフレコしてるんですよ。凄くないですか?今は亡き高木均さん、やっぱりトトロの声をやるときは相当、体力が必要だったようですね。

 トトロって怖いけどすっごい可愛いですよね。


【あらすじ】


 小学校3年生のサツキとその妹で5歳のメイは父と共に田舎へ引っ越してくる。新しい家はお化けでも出そうなオンボロ屋敷。だが空気はものすごく綺麗だった。退院する母を迎えるには丁度の良い土地だった。そんなある日、メイは森の中で巨大な生き物の〝トトロ〟と出会う・・・




※以下音量注意
♪さんぽ     井上あずみ(オープニングテーマ)

となりのトトロ OP 投稿者 9038BH7






【以下全文ネタバレ注意】











↓四行後にネタバレ文あり




 小学校3年生の草壁サツキ(日高のり子)とその妹メイ(坂本千夏)は父親のタツオ(糸井重里)と共に都会から田舎へ引っ越してきた。その田舎は空気がとても綺麗で退院を控える母ヤス子(島本須美)を迎えるにはうってつけの土地だった。

 新しい家、そこは少し古びた感じでその家にはなんとススワタリまたはマックロクロスケと呼ばれる真っ黒な何かが棲んでいた。近所の住人大垣勘太(雨笠利幸)には家のボロさをバカにされるが、サツキもメイもそんな生き物にワクワクウキウキ。更にカンタのお婆ちゃん(北林谷栄)が凄く優しい人で田舎が一気に好きになってしまう。

 ある日、メイは庭で一人で遊んでいると森の中に入り込み、一本の木の根元から穴に転げ落ちる。その穴の下で寝っ転がっていたのはなんと巨大なお化け。メイは巨大なお化けの鳴き声がそのお化けが子供にしか見えない伝説のお化け「トトロ」だ!と大喜びする。やがてメイが眠りに落ち、再び起きた時にはトトロ(高木均)はそこには居なかった。

トトロとメイの出会い

 メイはサツキとお父さんに「トトロに会ったんだよ」と話す。お父さんは「トトロとはいつでも会えるわけじゃないんだ」と混乱するメイをなぐさめる。

 ある曇り日、一人で留守番をしていたハズのメイがサツキの学校に来てしまった。下校中、メイとサツキはお地蔵様のところで雨宿りをしていた。そこでカンタに傘を渡されメイとサツキはカンタに感謝しながら家に帰宅する。

 夜、お父さんに傘を渡すためにバス停で父親の乗るバスの到着を待つメイとサツキ。やがてメイは眠りこけ、サツキはメイをおんぶする。

 そこになんとトトロが!トトロはサツキから雨宿りの傘を貰う。傘に雨粒がしたたる音を気に入ったトトロはやがて大声を張り上げる。

父を待つメイとサツキとトトロ

 やがてその大声に呼応したようにバスが到着する。しかしそれはただのバスではなく、猫バス(龍田直樹)だった。巨大な猫のバス。トトロはドングリをサツキとメイにあげ、猫バスに乗って去って行った。

 やがて父の乗ったバスが到着。サツキもメイもトトロの姿に歓喜する。

 帰ってからすぐにサツキとメイはそのドングリを庭に植える。それ以後、サツキもメイも木が生えてくるのを待っていた。

 ある夜、サツキとメイはドングリを植えた場所にトトロが木を伸ばすダンスをしていた。サツキとメイもそれを見つけ駆けより、トトロと一緒にドングリを伸ばすダンスをする。

♪風のとおりみち    久石譲


 木はたちまち巨大な木になりトトロはサツキとメイを抱えて空飛ぶコマに乗り、上空の景色をサツキとメイに堪能させる。

 翌朝、起きたサツキとメイが見たもの。それはちょっと伸びた一本の木だった。サツキとメイは「夢だけど夢じゃなかったー!」と言って大喜びする。

 ある日、母が入院する七国山の病院から電報が届く。それは入院期間がちょっと延びる、という内容だったがまだ幼いサツキとメイは母の身が心配になり二人とも取り乱す。

 メイが会えるまで少し延びる、ということを知らされるとやだー!と駄々をこねはじめる。取り乱していたサツキは「じゃあお母さんが死んじゃってもいいの!?」と喧嘩になってしまう。

 サツキはカンタのお婆ちゃんに慰められ気を落ち着かせるがメイがどこにもいないことに気付く。そしてサツキはメイが七国山のお母さんのところに行ったんだ、と気づきメイを探しに七国山の病院へ向かう。

 しかし七国山病院への道で通行人などにメイのことを聞いても見ていない、という。おそらくメイは迷子になったのだろう、心配するメイにカンタが自転車でやってきて沼でメイのサンダルが見つかったと話す。サツキは家の方に戻る。

 しかし沼で見つかったサンダルはメイのものとは違っていた。そしてサツキはトトロに助けを求めようと森へ向かう。

 サツキはトトロのところに行き、メイが迷子になったことを話す。トトロはサツキを掴んで巨木のてっぺんにジャンプする。そして大声を張り上げる。やがていつぞや見かけたネコバスが走ってきた。

トトロとネコバス

 ネコバスはサツキを乗せてメイのところへ走り出す。メイはお見舞いのトウモロコシを持って迷子になっていた。そこにサツキの乗ったネコバスが到着。サツキはメイを叱る。やがてネコバスは気をきかせて七国山の病院へと向かってくれることになった。サツキはネコバスに抱き着く。

 七国山の病院ではお母さんがお父さんと娘たちのことを話していた。ただの風邪だったが病院が電報を打ったのである。退院したら娘たちを思いっきり甘やかす、というお母さん。メイとサツキは松の木の上から二人の様子を見て安心しトウモロコシを窓際に置く。お母さんはメイとサツキが松の木の上で笑っていた、と二人に一瞬、気付くのだった。

 やがてネコバスはサツキとメイを二人の家まで乗せていく。二人はメイを探し続けていたカンタとお婆ちゃんと再会するのだった。

ラストシーンのトトロ

♪となりのトトロ     井上あずみ(エンディングテーマ)

となりのトトロ 投稿者 9038BH7






 ちょっとこの映画には思い入れが深いので凝らせてもらいました。

 多分、私はいつぞやの金曜ロードショーでの放送で初めて見たと思うんです。私は純粋な人間とはお世辞でも言えませんが、トトロには純粋な思いで会いたいですね。いいじゃないですか。子供にしか見えないお化け。高校生でも許容範囲ですよね?

 最後に、こういうお化けがいるような森や田舎を壊さないでください・・・
スポンサーサイト
今日は映画「耳をすませば」を観ました。


『耳をすませば』 (1995年・日)
耳をすませば
スタッフ
監督:近藤喜文
脚本:宮崎駿
原作:柊あおい「耳をすませば」
音楽:野見祐二
キャスト
月島雫:本名陽子
天沢聖司:高橋一生
原田夕子:佳山麻衣子
杉村:中島義実
月島靖也:立花隆
月島朝子:室井滋
月島汐:山下容莉枝
フルベルト・フォン・ジッキンベン男爵〝バロン〟:露口茂
西司朗:小林桂樹


 スタジオジブリ制作アニメ。近藤喜文監督作品「耳をすませば」。

 私はこの映画は前にも後にも、私が一番好きな映画として一生、語っていくと思います。これまで何作品も映画を観ましたが、この映画より好きになった作品はありませんし、これからもないと思います。

 この映画は、人生、恋愛、青春、進路の全てが積み込まれた素晴らしい映画だと私は思っています。どっちかというとこの映画は若者に受けやすいのではないのでしょうか?

 原作は柊あおいの漫画作品「耳をすませば」。だが残念なことに原作は読んだことはないんですよね・・


【あらすじ】

 読書好きの女子高生・月島雫。彼女は本を借りる度に図書カードに自分より前に「天沢聖司」という人物が借りていることに気付く。想像を膨らませる雫。進路を適当に決めようとしていた雫は徐々に変わっていく・・・


※残念ながらトレーラーや主題歌の動画を見つけることはできませんでした。今回は動画はありません。

















【以下全文ネタバレ注意】












↓四行後にネタバレ文あり




 中学3年生・月島雫(本名陽子)。彼女はとにかく読書が大好きで図書室の本や図書館の方をひたすら借りて読んでいた。父親の靖也(立花隆)や母親の月島朝子(室井滋)は雫があまり勉強しないことになかなか苦言を呈したりもしなかった。

 ある日、自分の読む本の図書カードにいつも自分より「月島聖司」という名前の人物がその本を借りてカードに名前が書かれているのを発見する。雫はそれがどんな人物か想像を膨らませる。

月島雫

 彼女には詩を作る才能があり「カントリー・ロード」という歌の訳詩を友達の原田夕子(佳山麻衣子)に見せたりもしていた。ある日、おふざけで作った「コンクリートロード」という訳詩を同級生の男の子に見られ馬鹿にされてしまう。雫はその男の顔を思い出すだけでも腹が立ったりもする。

 夏休みのある日。姉・汐(山下容莉枝)から父・靖也が勤める市立図書館に弁当を届けてほしいと頼まれる。雫は行きの電車で一匹の猫と出会った。無愛想な猫に興味津々な雫は自分と同じ駅で降りた猫をひたすら追いかけ丘の上の住宅街にたどりつく。

猫を追う雫

 雫は猫を追って「地球屋」という店に入り込む。そこは幻想的な店で、「バロン」と呼ばれる猫が男爵の恰好をした人形があった。その瞳はとても綺麗だった。

バロン人形

 そして雫は店の主人・西司朗(小林桂樹)に話しかけられる。西はからくり時計の修理中で修理完了した置き時計を見せてもらう雫。雫は店の幻想的空間に惚れ込んでしまい、また来ようと決意し坂を下りて図書館へ向かう。

 だが雫は父親に届ける弁当を地球屋に忘れていた。図書館の入り口でそれを届けてくれたのはあのコンクリートロードを馬鹿にした嫌味な男の子だった。雫はその男の子が西司朗の関係者であることを知ると共に、また嫌味なことを言われて一気に不機嫌になってしまう。

 夏休みが終わり、原田夕子が自分あてに届けられたラブレターの返事をなんと夕子の好きな人・杉村(中島義実)が友達に頼まれて要求される、という複雑な事態が発生する。翌日、夕子は学校を休むが心配になった杉村は雫と二人で話し合う。

 雫はその場であまりにも鈍感な杉村に思わず夕子がアンタに好意を持っているの!という発言をしてしまう。だが杉村から返ってきたのは、その好意を受けられない、という返事だった。そして杉村はなんと雫に告白をする。前から雫のことが好きだったらしい。だが雫は杉村を友達としてしか見られずその場を逃げるように去っていく。

 落ち込んだ雫は何かに引きつけられるかのように地球屋へたどり着く。しかし店は閉店しており、前に出会った無愛想な猫に触れていた。

 そこにあの嫌味な男の子がやってきた。だが男の子は嫌味な態度をとらず、落ち込んでいた雫を励ます発言をしたり、地球屋へも入れてくれた。

 そして雫は男の子にバロンの人形を見せられる。その人形の瞳は光が当てられると緑色の輝きを放つことを教えてくれた。その魅力的な人形の瞳に雫は釘づけとなった。

 やがて男の子がバイオリンを作っている場面に遭遇する。雫は男の子に何か弾いてほしいと頼み、男の子は雫がつくった「カントリー・ロード」を弾きはじめる。雫はそのカントリー・ロードを歌いやがて西とその音楽仲間たちも到着し大盛り上がりとなる。

 そこで、なんとその男の子こそが「天沢聖司」だったと雫は知る。雫の取り乱しっぷりに西たちは大笑いするのだった。

 帰り道、天沢聖司(高橋一生)に送られて雫は聖司が、バイオリン職人になるために海外修業をしようとしていることを知る。大きな夢に向かって歩いていく聖司に対し雫は適当に進路を決めようとしていた自分と比べ不安になりはじめる。

 翌日、雫は聖司に呼ばれて屋上で話し込む。なんと聖司の海外修業が条件付きで認められたのだった。それは2ヶ月間、ヴァイオリニン職人の下で修業し見込みがあったら海外へいくことを認める、との内容だった。雫は聖司が大きな夢に向かってまた一歩歩き出したことで自分のちっぽけさに密かに涙ぐむのだった。

 雫は夕子に相談。夕子は雫に進路が決まってないと恋しちゃいけないの?という言葉にある決意をする。それは自分も夢に向かって歩き出す、ということだった。雫の夢・・それは物語を書くことだった。

 雫は物語にバロンを登場させたい、と西に相談。西は条件付きで承諾する。雫の物語の最初の読者になること、それが西の条件だった。雫は大きな希望を胸に抱いて物語を描き始めていく。

 バロン(露口茂)が主人公の物語だった。雫は勉強そっちのけで物語を描き始める。

 夜、図書館で物語を進めていると出発したと思っていた聖司と再会する。雫は聖司を激励し、図書館で見送りを果たすのだった。

 やがて勉強を怠ったツケが回ってくる。どんどんテストの成績は落ちるばかり。授業も呆然と聞いている。流石にこれには母・朝子も心配になる。

 雫は朝子、靖也と相談。雫の「自分の可能性を探している」という言葉を信じ、靖也も朝子も雫を見守ることにした。

 しばらく経ち、雫は物語を完成させ西にその日に読んでもらう。読んでもらった後に雫は「雫の原石をたしかに見つけた」という言葉に号泣してしまう。雫は聖司に追いつきたくて背伸びをしていたのだった。

 鍋ラーメンを食べながら西はバロン人形を手に入れたいきさつを語り始める。戦前、西は外国でバロンの夫婦の人形を買おうとしていたが断られていた。そんな時、一人の女性がバロンの妻の人形を預かるという形で購入したい、と店主に頼み込みついに店主も折れた。やがて西は帰国。女性はバロン夫人の人形を預かり、二人が再会した時に人形も再会する、という約束をする。やがて戦争がありそれが終結して再びその国に行ったがその女性もバロン夫人の人形の行方も分からずじまいだった。

 それは偶然にも雫の物語に類似していた。西は雫に自分のお気に入りの鉱石を譲り、それは雫さんが持っているべきです、というのだった。

 帰宅した後、雫は深い眠りに落ちる。戦士の休息だった。

 翌日のまだ日も昇らないころ、窓を開けると下にはなんと聖司の姿が。雫は聖司の下に駆け下りていく。飛行機を一日早めたのだという。雫は聖司の自転車に乗せられ、坂をふたりで協力しながらある場所へと連れて行かれる。

 そこは町が一望できる丘だった。やがて朝もやに包まれた町に太陽が昇り始める。雫は聖司のおかげで自分を見つけることができたと感謝する。聖司は雫に10年間の修業から帰国したら自分と結婚してほしいとプロポーズをする。雫はそれを頷き聖司は雫に抱き着くのだった。「雫、大好きだ!」

耳をすませばラストシーン









 この後のストーリィがすごく気になりますよね。しかし私は仮にそのストーリィがあってもできれば見たくないですね。この終わり方が私の中で素晴らしいのですよ。だから気になるけど見たくない、という複雑な心境です。まあアフターストーリーは無いようですけど。

 私も自分の原石を見つけたいですね。さて私はこの雫と聖司のニヤニヤできるやりとりがすごくたまらないんでございます。実は私、月島雫というのにかなり好意を持っておりましてアフターがあるのならば是非、聖司と幸せになってもらいたいものですね。なーんて自分なりに想像してしまいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。