上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この映画はすっごい面白いけどチャップリン研究家・大野裕之氏に言わせればこの映画は権力の構図だそうです。


『ヴェニスの子供自動車競走』(1914年・米)
子供自動車競走
スタッフ
監督:ヘンリー・レアマン
脚本:ヘンリー・レアマン
製作:マック・セネット
撮影:フランク・D・ウィリアムズ、エンリケ・J・ヴァレヨ
配給:キーストン・フィルム・カンパニー
キャスト
野次馬:チャールズ・チャップリン
映画監督:ヘンリー・レアマン
カメラマン:フランク・D・ウィリアムズ


 ヘンリー・レアマン監督作品「ヴェニスの子供自動車競走」。原題は「Kid Auto Races at Venice

 この映画で初めてチャップリンがあの帽子、髭、杖のチャーリーの姿を披露しますね。チャップリンはサーカスの方だったんですけど、「成功争ひ」(1914年)で映画デビューしましたね。これは映画出演二作品目でして、このころからチャップリンは強烈なキャラクター性と演技力を持っていたんです。

 ヘンリー・レアマン監督はチャップリンの初期作品の監督ですね。キーストン社という当時は大きな映画会社の創立者としても有名ですね。実は彼には恋人の女優ヴァージニア・ラッペがいたんですが変死したんです。その事件では映画俳優のロスコー・アバックルっていうサイレント映画の大スターでバスター・キートンとコンビを組んだりもしたデブ君として有名な俳優がレイプ殺人で裁判にかけられました。デブ君は無罪になったものの映画界から追放。レアマン監督はデブ君が女子更衣室に入ったりした前科が何度もあるから、彼がレイプして殺したのだと信じて疑わなかったんですね。結局、レアマン監督はその後の結婚人生に失敗してます。

 この映画っていうのはストーリーというものはそんなにありません。自動車競走大会の記録映画を撮ろうとした監督とカメラマンが死のカーブ地点にカメラをセッティングして撮影を開始します。しかしチャップリン演じる男がカメラの前をフラフラと歩いています。監督は邪魔だから最初は和やかに追い払おうとしますが、何度も何度もしつこくカメラの前を通るもんだから突き飛ばしたりして追い払ってます。でも結局追い払えないんですよねえ。

 大野氏に言わせれば、この映画ではチャップリンがお上に興味を持つ弱者、監督がそれに対する権力だ、という構図らしいです。権力者やカメラマンにとって自分にチョロチョロ近づく弱者が鬱陶しくて追い払おうとする。そういう構図だということらしいですよ。

 私はそれを聞いて確かにそうだ、と思いましたね。そしてさらに付け足すならば「こいつ鬱陶しいなあ」と笑って観ている我々もその権力者という構図の一部になりうる、という可能性を秘めているということをチャップリンは訴えたかったのではないでしょうか。大野氏がそういう発言をしたかはわかりませんしチャップリンがそういう意図があって作ったのかはわかりませんが私はそう思った、と付け足しておきます。

スポンサーサイト
Category: 洋画ア行
チャップリン短編映画シリーズ。


『チャップリンの霊泉』 (1917年・米)
チャップリンの霊泉
スタッフ
監督:チャーリー・チャップリン
脚本:チャーリー・チャップリン
製作:チャーリー・チャップリン
撮影:ローランド・トザロー
配給:ミューチュアル・フィルム・コーポレーション
キャスト
霊泉のアル中の客:チャーリー・チャップリン
娘:エドナ・パーヴァイアンス
大男:エリック・キャンベル
マッサージ師:ヘンリー・バーグマン


 チャーリー・チャップリン監督作品「霊泉」。原題タイトルは「The Cure

 久しぶりのチャップリン作品。これはチャップリン作品の中でも中期ごろの作品ですね。

 霊泉って言葉、私知らなかったんで調べてみたんですが「不思議な効能がある温泉」といった意味らしいです。要は温泉ってことですね。

 そんなたいそうなところに泊まれるんだからチャップリンは少しは富のある役を演じているようですね。貧乏人を演じ風刺をきかせたような作品では、ないということです。しかもアルコール中毒の役のようで。

 この映画で気に入ったシーンはマッサージ師とチャップリンが格闘するシーンもそうですが、やっぱり回転扉のくだりはとても面白い。回転扉はゴッドファーザーのあるシーンで少しトラウマになりかけてましたが、こんな面白い回転扉の使い方はそうそうできません。さすがのチャップリンです。

 チャップリンって時々女々しいポーズや目の使い方をするんですが、この映画でもチャップリン女々しかった気がしますね。



※古い映像と音源ですのでノイズが入っています。
Category: 洋画タ行
チャップリンの短編映画って面白いのばかりですね。


『のらくら』 (1921年・米)
スタッフ
監督:チャーリー・チャップリン
脚本:チャーリー・チャップリン
製作:チャーリー・チャップリン
撮影:ローランド・トザロー
編集:チャーリー・チャップリン
配給:ファースト・ナショナル社
キャスト
放浪者、金持ちの夫:チャーリー・チャップリン
金持ちの妻:エドナ・パーヴァイアンス
妻の父:マック・スウェイン


 チャーリー・チャップリン監督作品「のらくら」。別邦題に「ゴルフ狂時代」があります。原題タイトルは「The Idle Class」

 チャップリンが放浪者とお金持ちの二役を演じています。その二役が共演するシーンでは一人は鎧甲冑を着こんで中身は別の人だったようですね。

Category: 洋画ナ行
チャップリン短編喜劇映画です。


『午前一時』 (1916年・米)

スタッフ
監督:チャーリー・チャップリン
脚本:チャーリー・チャップリン
製作:チャーリー・チャップリン
撮影:ローランド・トザロー
配給:ミューチュアル・フィルム・コーポレーション
キャスト
酔っ払い:チャーリー・チャップリン
運転手:アルバート・オースチン


 チャールズ・チャップリン監督作品「午前一時」。原題タイトルは「One A.M.」。もう一つの邦題に「チャップリンの大酔」があります。

 ミューチュアル社にてチャップリンが製作した四作目の映画だそうです。

 チャップリンが貧民でないってのは凄く珍しく感じましたね。普通の家を持っている人でした。いや、普通ではないですね。

 チャップリンが自分の家の家具に苦しめられる様子を面白おかしく描いています。私にはなんだか家具を着飾って警備を厳重にした家でも中身は薄っぺらだ、ってことを皮肉っているようにも見えましたが我ながら飛躍していますね。淀川氏のことを言えませんね・・
Category: 洋画カ行
チャップリン短編映画。大好きです!


『給料日』 (1922年・米)
チャップリンの給料日
スタッフ
監督:チャールズ・チャップリン
脚本:チャールズ・チャップリン
製作:チャールズ・チャップリン
撮影:ローランド・トザロー
編集:チャールズ・チャップリン
配給:ファースト・ナショナル社
キャスト
建設労働者〝チャーリー〟:チャールズ・チャップリン
チャーリーの妻:フィリス・アレン
現場監督:マック・スウェイン
現場監督の娘:エドナ・パーヴァイアンス
建設労働者の同僚:シドニー・チャップリン
屋台の主人:シドニー・チャップリン


 チャーリー・チャップリン監督作品「給料日」。原題タイトルは「Pay Day

 チャップリンの作品は本当に面白いですねえ。この作品はどこか寂しい生き方をする労働者をチャップリンが観ている方を笑わせるような喜劇で演じ切るんです。悲劇を喜劇で演じる、これは難しいんですけどチャップリンは本当にうまくやっている。

 家庭でチャップリンから金をふんだくる妻役にはフィリス・アレン。この人は大柄な女性で恐いですねえ。またチャップリンの兄シドニーも出ていますし恒例のエドナ・パーヴァイアンス。エドナも太らなければ黄金狂時代でヒロインをできたのに・・・

 そしてマック・スウェインは黄金狂時代で山小屋にチャップリンと一緒に遭難してその後、一緒に金鉱を発見した人ですね。


【あらすじ】

 建設現場で必死に働くチャーリー。彼は給料は妻に搾取され、夜は酒場で一時を過ごしても終電に乗り遅れ、まさしく哀愁漂う労働者だった・・・














【以下全文ネタバレ注意】











↓四行後にネタバレ文あり




 建設現場の労働者チャーリー(チャールズ・チャップリン)は現場監督(マック・スウェイン)にアゴで使われながら働いていた。昼飯も愛妻弁当といえるものはなかった。

現場監督の娘とチャーリー

 仕事が終わった後、チャーリーは監督から給料日なので給料を支払われる。しかし現場を出た直後に出くわしたのは自らの妻(フィリス・アレン)。チャーリーは帽子に隠してへそくりとしてごまかそうとするが妻は給料を奪い取るようにして持って帰ってしまう。しかしチャーリーは妻の一瞬の隙をついてバッグから没収された給料の一部を持ってどこかへ去って行く。

妻に搾取されるチャーリー

 チャーリーが来たのはクラブだった。クラブで楽しいほんの一時を過ごしてからチャーリーは電車で帰ろうとするがどの乗客が多すぎてチャーリーが乗れなかったり降ろされたり。終電も途中でチャーリーは落ちるように降りてしまい、仕方なく歩いて帰っていた。

雨にあうチャーリー


 朝帰りのチャーリーはへそくりを玄関前に隠し、妻を起こさないようにベッドで眠ろうとする。しかし眠ろうとした直後に目ざまし時計が鳴り、チャーリーは寝る暇なく妻に仕事に行け、とばかりに追い出されそうになる。

 チャーリーは仕事に行くフリをして浴槽で眠りにつこうとする。しかし妻はそれをお見通しで、ついには家から追い出される。

 チャーリーは玄関前に隠したヘソクリを回収するが、その場面を見られ妻に没収される。そしてチャーリーは今日も働きに行くのだった。妻の怒号を背に・・・







 本当に今でもありそうな風景ですよね。いつの時代でも夫と妻の関係って似たり寄ったりなんですかね。まあ、いつまでもラブラブな夫婦もいるでしょうが。

 奥さんがわめき散らしながら「THE END」ってなるもんですから、本当にチャップリンが可哀想に思いながらついつい笑ってしまいました。やっぱり文ではこの面白さは伝わらないと思うので、ぜひご自分で観賞するのがいいと思います。

Category: 洋画カ行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。