上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、私は洋画を観るつもりでしたが三國連太郎の急遽の訃報により、三國の作品を観賞しました。

最初は釣りバカ日誌の1を観るつもりだったんですが、借りられていて、これぐらいしか借りられるものを見つけられませんでした。
しかし、この作品は三國氏の追悼に内容的に物凄くピッタリな作品だと思います。


『大病人』 (1993年・日)
大病人
スタッフ
監督:伊丹十三
脚本:伊丹十三
製作:玉置泰
音楽:本多俊之
撮影:前田米造
編集:鈴木晄
製作会社:伊丹プロダクション
配給:東宝
キャスト
向井武平:三國連太郎
緒方洪一郎:津川雅彦
向井万里子:宮本信子
看護婦:木内みどり
神島彩:高瀬春奈
ミッチャン:熊谷真実
名プロデューサー:田中明夫
癌患者:三谷昇
臨終を控える癌患者:高橋長英


 伊丹十三監督作品「大病人」

 この映画は伊丹十三による独特の終生観を描いていますねえ。伊丹十三はきっと癌で死ぬことになっても病院で死ぬより家で死にたい、と思っていたのでしょう。まあ、彼は不審な死でその人生を終えましたが。伊丹十三の奥さんの宮本信子が三國連太郎の奥さん役で出演されています。

 さて、三國さんですが彼は東銀座でスカウトされ俳優になりました。その後は多分、テレビのワイドショーなどを見ていれば多くの情報は分かると思います。彼は本当に俳優バカであり、怪優でした。「異母兄弟」(1957)の撮影で老人役を演じるために歯を10本抜いたエピソードはとても真似できないものです。どんどんと戦争を知る俳優さんたちがお亡くなりになっていますね。


【あらすじ】

 大物俳優であり監督である向井武平は吐血をして医者に診てもらう。担当医の緒方は癌だと気付き、手術をするがすでに向井は癌が別の場所に転移していた。しかし向井は必死に看病する妻に構わず不倫を続ける。激怒した緒方はつい、向井に死が近づいていることを打ち明けてしまう。ショックを受けた向井は自殺を図る・・・














【以下全文ネタバレ注意】













↓四行後にネタバレ文あり




 映画監督でありその作品に主演俳優としても出演している向井武平(三國連太郎)。彼はガン患者であり妻も同じくガン患者になってしまった作曲家の役を演じていた。妻役の女優は神島彩(高瀬春奈)だった。

 向井は誕生日を撮影スタッフに祝われてからホテルで彩と情事にふける。老いてもこの男、性欲は真っ盛りだった。

 しかし向井は情事を終えてからトイレで吐血し苦しみだす。スキャンダルが暴露されては、と思い彩を帰してから自身も家に帰る。

 家では妻・万里子(宮本信子)が家を出ていく準備をしていた。武平は自分が吐血してしまったことを話し妻を引き止め、万里子の大学の頃の同級生だった外科医・緒方洪一郎(津川雅彦)に連絡し彼に診察を頼む。

 武平は看護婦(木内みどり)を口説いたりするが軽くあしらわれる。武平は診察中も緒方にペチャクチャ話して緒方にも軽くあしらわれる。

 その後、精密検査をした向井武平。結果は癌だった。

 武平は癌を患者に告知しない主義なので、あえて告知をせず胃かいようだと言っておきながら万里子には真実を伝える。そして緒方はまだ撮影中なんだよ!と駄々をこねる武平を執刀する。

 癌は取り除いたがすでに目に見えないところに転移しているかもしれない。万里子にはあと1年生きられるか生きられないか、正直なところを話す。

 万里子は癌だと知るや、いくら離婚寸前とはいえ、夫への愛情が蘇り彼に残りの人生だけでも優しくすることを決める。

 武平は再び癌が再発し入院させられ彼の知らないところで医者や妻が動いていた。武平はただ痛みに耐える生活を送る。何も知らない武平は自分の撮る映画の撮影を病室で行う。

 武平は、看護婦に妻との出会いを打ち明ける。ホテルで「ラストダンスは私に」のピアノの弾き語りをしていた妻・万里子と出会い彼女に一目惚れし猛アプローチの末に1週間後に結婚した。貧しかった頃の武平は夜店で買った指輪を万里子にプレゼントしたのだ。

 ある日、武平は癌患者(三谷昇)と出くわしそのケースが自分と似通っていることに気付く。そしてその癌患者に連れられある病室に入った武平。そこで見た物は喉に穴を開けられ体を動かせずに「あがー、あがー」とうめき声しか癌の末路の姿の男(高橋長英)の姿だった。

 武平と話す癌患者は「この人だってこんな風にはなりたくねえさ。だけども病院で入院したまま寿命を終えたらこんな感じなのさ。俺はまっぴらごめんだね。さっさと退院しちまいたいもんだ」としみじみと話す。

 やがて癌患者専用の点滴が自分にも使用されること、妻・万里子が自分に優しくしてくれること、そして髪の毛が抜け始めた〈抗がん剤の副作用〉ことで薄々、自分が癌なのだ、と気づき始める。

 自分の死を実感しはじめた武平はプロデューサーに依頼して愛人の神島彩を呼んできてもらう。その彩と病室でセックスをする武平。しかし彩は絶頂してから病室にやってきた看護師に追い返されてしまう。

 病院から出ていく彩の姿を見た妻・万里子はすぐに夫の浮気を察知し武平の病室を訪れ「今更、嫉妬すると思って?あなたは可哀想な人。誰もあなたを満たすことはできないのね」と言ってから「あなたは最低よ。さようなら」とビンタをして家に帰ってしまった。

 去る万里子の車を見つめた武平はすぐに病院の公衆電話を使って緒方に電話をする。そして武平の叔父を名乗り、財産整理の件などで武平の本当の病気は癌なのかを教えてほしい、と頼む。緒方は何度聞かれても答えなかったがやがて看護師の「向井さん。点滴はどうしたの?」という言葉を聞き武平だと察し激怒する。

 憤怒した緒方は武平の病室を訪れ「あんたは芸術家のくせに痛みと向き合おうともせず不倫して奥さんを困らせ、医者もだまそうとしたのか!」と積もった思いをぶつける。それに対し武平は「俺の人生は俺のものだ。あんたは俺の人生の一部を執刀したんだ。あんたの執刀も俺のものなんだ」と突っぱねる。

 ついにカチンと来た武平はつい「死ぬ前ぐらい、立派に生きたらどうなんだ!」と言ってしまう。すぐに自分の言葉を訂正しようとするが武平はガラス製の点滴容器<昔はパックではなくガラス製だった>を緒方の頭にぶつける。緒方は気を失ってしまった。

 武平はその隙に、睡眠薬とビニール、ヒモなどを持って屋上へ行く。そして睡眠薬を服用しビニールを頭にかぶりヒモで首をしめて呼吸ができないようにして自殺を図った。

 目を覚ました緒方は頭から出血するのも構わず医者や看護師と共に向井武平を探す。屋上についた時、真っ赤な夕焼けと共に自殺を図っていた武平を発見する。武平はすぐに運ばれる。

 家に帰って来た万里子は居るはずのない武平<幽霊?>と出くわしそれが指輪を渡そうとして消滅するのを見てすぐに病院に駆け込む。

 武平は手術されるが心臓は手術開始直後ごろから停止してしまう。一方、幽体離脱した武平は世界の情景を巡り、そして三途の川のようなところへ来た。武平はフラフラとその方へ向かっていく。

 電気ショック300をかけても蘇生しない。緒方は諦めようとするが万里子がもっと強い電圧をかけて、と言うので緒方は渋りつつそれに応じる。それ以上かけて生き返ったためしがないのだ。

 やがて350をかける。幽体離脱した武平は急に崖から落ちていき、やがて生き返ったのだ。緒方も万里子も奇跡を喜び合った。

 その後、緒方は万里子と相談し武平に癌であることを打ち明けることにした。緒方はこの前のことを謝罪し「医者として患者の気持ちが分からなかった。俺は未熟だった。すまなかった」と謝罪する。そして癌だということを打ち明ける。打ち明けても武平は癌だと薄々、気付いていたから目に見えるような驚きはしなかった。しかしその後でやはり震えるように泣き出し、緒方と共に悔し涙を浮かべる。

 しばらくして、退院の準備をする武平。緒方はその武平を止め「まだ希望はある。こんなところで諦めたらあんた死んじゃうよ!」と言う。しかし武平は「入院したってせいぜい1ヶ月ほどしか延命できやしない。1年ならあんたの願いに従うんだが」と言う。それでも止めようとする緒方に「むしろあんたの医者としての正念場だここは。あんたが俺の立場だったら延命を頼むか?」と聞く。

 何日か考えた後、緒方は武平の退院を認める。武平は「むしろ今からが生きれる、って感じがする」と言うのだった。

 武平は退院してからすぐに映画のラストシーンを撮影する。亡き妻のために指揮をふる、というラストシーンだ。主人公を演じる武平は車いすから上がって曲を演奏する。終わって拍手が会場を響かせると同時に向井は倒れ込む。武平は「カット」と力をふりしぼって言うのだった。

 その後、家でプロデューサー(田中明夫)など、大勢の撮影スタッフや神島彩などに見られながら武平は大勢の人に感謝する。緒方には「アンタは立派な医者だ。またアンタとは会えるさ」と言い看護婦には「この緒方をよろしく頼むよ」と言う。他にも一言二言喋ってから万里子に「ほぅら。ラストダンスはとっておいただろ?先に向うに行って待ってるよ」と言う。やがて武平は静かになる。死んだかと思ったが武平はまだ生きていて冗談で笑わせる。

 すると突然、うがーと小さくそして何回もうめき声をあげてからやがて静かに息を引き取る。万里子はじめ多くのスタッフが泣き崩れるのだった。

 桜並木を歩く緒方と看護婦。看護婦が「また会える、って言ってましたね。」と言い緒方は「ああ、また会えるさ・・・」そうつぶやきながら二人で歩くのだった。









 この映画はいかにして人生を終えるか、を描いていますね。私も実は病院じゃなくて家で死ぬことに憧れています。だからこの映画には凄い共感できたんですよね。もちろん、病院で最後まで治療を受ける、というのも間違ったことではないとは思いますよ。しかしやっぱり最後は畳の上で安らかに死にたいものです。

 最初、私はこの映画「癌」が主題だと思ってました。「白い巨塔」のような。しかしそうではなくて最後をどう生きるか、ということを主題としているんですよね。

 皆さんはどうですか?病院か家か。日本人のほとんどは病院で最期を迎えるのが実情だそうです。死は避けられない運命なのだから今から考えて頭の隅っこにでも置いておくといいと思いますよ。

 最後に、三國連太郎さんのご冥福をお祈りします。

大病人<Blu-ray>大病人<Blu-ray>
(2012/01/27)
三國連太郎、津川雅彦 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Category: 邦画タ行

慕情 | Home | 大誘拐 〜Rainbow kids〜

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。