上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10分に一回はパンツが見えるアニメ映画


『ストライクィッチーズ 劇場版』(2012年・日)
ストライクウィッチーズ 劇場版
スタッフ
監督:高村和宏
脚本:ストライカーユニット
原作:島田フミカネ、Projekt kagonish
製作会社:第501統合戦闘航空団 活動写真、AIC
配給:角川映画
キャスト
宮藤芳佳:福圓美里
服部静夏:内田彩
リネット・ビショップ:名塚佳織
ペリーヌ・クロステルマン:沢城みゆき
エーリカ・ハルトマン:野川さくら
ゲルトルート・バルクホルン:園崎未恵
フランチェスカ・ルッキーニ:斎藤千和
シャーロット・E・イェーガー:小清水亜美
サーニャ・V・リトヴァク:門脇舞以
エイラ・イルマタル・ユーティライネン:大橋歩夕
アメリー・プランシャール:矢作紗友里
山川美千子:佐藤有世
ニッカ・エドワーディン・カタヤイネン:高森奈津美
ルチアナ・マッツィ:広橋涼
マルチナ・クレスピ:水橋かおり
ロザリー・ド・エムリコート・ド・グリュンネ:野水伊織
宮藤清佳:天野由梨
結城兵曹長:星野充昭
ドナルド・D・アイゼンハワー元帥:辻親八
モントゴメリー:中田譲治
戦艦「天城」艦長:菅生隆之
秋本芳子:翠準子
アレクサンドラ・イワーノヴナ・ポクルイーシキン:原由実
フェルナンディア・マルヴェッツィ:森永理科
ハインリーケ・プリンツェシン・ツー・ザイン・ウィトゲンシュタイン:川澄綾子
ハイデマリー・W・シュナウファー:植田佳奈
坂本美緒:世戸さおり
ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ:田中理恵


 高村和宏監督作品「ストライクウィッチーズ 劇場版」

 もともとは原作っていうのはメディアミックスで原作が一つ、というわけでは無いみたいなんですね。このストライクウィッチーズのストーリーというのはアニメから始まり、その後その続きとして劇場版が作られました。その劇場版がこの作品ですね。だから実はこのストライクウィッチーズ系列の作品の原作とかイマイチ、ピンと来なくて私にはよく分かりませんね。

 この映画というのは、別にテレビアニメを観てなくても多少のあらすじみたいなセリフはあるので理解できなくはないですが、少し難しいですね。何せ続きですから。私もかじる程度、観ていたので結構理解していましたが。この映画だけ観る、という場合は多少の下調べは必要かと思います。

 前述したとおり、10分に一回は女の子のパンツが必ず観れる映画ですね。要はマニアック向けの映画でして、ヒロインの〝萌え〟が強調されているアニメの映画でした。最近はアニメの映画でもそういうのがそこそこありますよね。家族で観るのは確実にオススメしません。

 まず主人公たちはぶーんと空を飛べる魔法が使える女子で、男性はほとんど登場しません。そんなかわいい女子たちが機械に乗っ取られた飛行機みたいな形の未確認静物を駆逐していくSF的ストーリーの映画ですね。

 ちなみに、一番好きなウィッチはバルクホルンですね。


【あらすじ】

 かつて伝説を作ったウィッチの宮藤芳佳は扶桑皇国に帰り、医学の大学進学のために勉強に励んでいた。そんな中、かつての上司・坂本美緒に呼び出されかつて自分が戦ったガリア地方へ護衛任務に就いている服部静夏と共に向かう。だが同じ頃、衰退しつつあったネウロイが不審な動きを見せており・・・















【以下全文ネタバレ注意】













↓四行後にネタバレ文あり




~まずはTVアニメのおさらい~

 人類は常に異形の存在と戦い続けていた。

 ときに1932年。ネウロイが突如出現しそれらは次々と侵略を開始し欧州地方は大半が制圧されてしまった。そんな中でウィッチと呼ばれる魔法が使える魔女たちは対ネウロイの先頭に立ち、ストライカーユニットという魔導によって空を飛ぶことが出来る装置でネウロイと戦っていた。

 そのなかで連合軍第501統合戦闘航空団などの大活躍により、欧州は徐々にネウロイの支配の手から解放されていった。

 連合軍第501統合戦闘航空団に所属していた宮藤芳佳軍曹は上司の坂本美緒少佐と共にウィッチとしての魔力を失ってしまい、第501航空団解散後は故郷・扶桑皇国に帰り少尉として昇進してから退役してから通常の学校生活を送っていた。

~以下本編~

1945年8月2日ベルギカ上空
 ハイデマリー・W・シュナウファー(植田佳奈)少佐はミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ(田中理恵)中佐の命を受け夜の空の上を飛んでいた。

 そんな時、突如ネウロイと遭遇。ネウロイがこれまで戦ったことのないような変形型だったので苦戦しながらもなんとか撃退した。

扶桑皇国
 宮藤芳佳(福圓美里)は第501統合戦闘航空団に所属していた頃を取り戻すかのように山川美千子(佐藤有世)と共に普通の学校生活を送っていた。芳佳は帝都女子医学校への進学をめざし、日々勉強に励む。

 ある日、美千子と遊んでいたときに犬が川の中央の石のところで動けなくなっているのを発見する。芳佳はその犬を救ったあと、川に流されてしまった。ストライカーユニットもない芳佳は飛ぶことすらできない。

 やがて滝から落ちてしまうが、間一髪で一人のウィッチに救われた。服部静夏(内田彩)軍曹だった。

 静夏は気をつけるよう言うが、直後に助けた相手が芳佳であるといきなり改まり自己紹介をする。どうやら静夏は欧州にいた頃の芳佳の武勇伝を聞き尊敬しているようだった。

 静夏は芳佳に坂本少佐からの伝言を頼まれていた、と話す。坂本少佐というのは芳佳を欧州へ来るよう誘った坂本美緒(世戸さおり)少佐で、伝言の内容は欧州三大医学校の一つのヘルウェティア連邦の医学校からの招聘だった。

 芳佳は母・清佳(天野由梨)や祖母・秋本芳子(翠準子)と相談し、留学することを決める。

ヴェネツィア公国
 シャーロット・E・イェーガー(小清水亜美)中尉とフランチェスカ・ルッキーニ(斎藤千和)少尉はヴェネツィアで連合軍第504統合戦闘航空団「ARDOR WITCHES」のフェルナンディア・マルヴェッツィ(森永理科)中尉、ルチアナ・マッツィ(広橋涼)少尉、マルチナ・クレスピ(水橋かおり)曹長とボートレースをして楽しんだ。

 だがシャーロットが本気を出し過ぎて止まれず、ボートは吹っ飛んでルッキーニがタンコブを作ってしまう。

 ルッキーニはフェルナンディアに治癒魔法によって治してもらおうとするが、かつての宮藤芳佳の時のような治療時の良さを感じなかった。芳佳がそれだけ治癒魔法に長けていたということだ。シャーロットは遠い地にいる芳佳のことを思い出す。

 やがて突如、ネウロイがヴェネツィアに出現。ルッキーニとシャーロットは備えておいたストライカーユニットに乗り、上空でネウロイと交戦。そのネウロイも変形型でルッキーニもシャーロットも少し苦戦するが、504航空団の協力もありなんとか撃墜する。

戦艦「天城」
 芳佳は静夏の自分に対して「少尉」という呼び方に遠慮を覚え「自分は静夏ちゃんって呼ぶから、静夏ちゃんも自分を好きなように少尉以外で呼んで」と言い、静夏はためらいながらも「宮藤さん」と呼ぶことになる。

 しかし翌日、芳佳が少尉でありながら料理を手伝ったり、戦艦のモップ掃除をしている事に対し静夏は注意する。静夏はどうやら軍規を徹底的に遵守する人間であり、少尉でありながら一兵卒のするようなことをする芳佳に疑問を覚えていた。

 そしてある日、戦艦「天城」は氷山の一角に激突し、補助発電機室付近から火災が発生した。隣の弾薬庫で結城(星野充昭)曹長が閉じ込められてしまい、結城は艦長(菅生隆之)に非常用スプリンクラーのバルブも動かないので火災を消すために水密扉を閉じて注水するよう言う。

 艦長は扉を閉じようと命令するがそれを芳佳が止め、芳佳は体に水を被って、結城を助けに行く。あと少しで水密扉を閉じる、というところで芳佳は結城と協力してバルブを開き、スプリンクラーを作動させた。

 その後、静夏は艦長の命令に逆らった芳佳に幻滅してしまっていた。芳佳は静夏に軍人たるもの規則を守るべき、と冷たく言い去って行く。

 翌日、天城に芳佳の大親友であるリネット・ビショップ(名塚佳織)曹長とペリーヌ・クロステルマン(沢城みゆき)中尉がパ・ド・カレーの港に到着するのを待ちきれずストライカーユニットで飛んできてしまった。リネットと芳佳は再会を抱き合って喜び合う。

 その後、リネット、ペリーヌ、静夏、芳佳の四人はガリア地方パ・ド・カレーのペリーヌの邸宅に一晩泊まることになる。その邸宅はネウロイの襲撃を受けた傷跡が少し残っており、それでもまだガリアの解放直後よりかはマシらしい。

 ペリーヌは上院議員との懇談を後回しにしてアメリー・プランシャール(矢作紗友里)と共に親を亡くした子供たちの教育を優先するほど昔とは違い心に余裕ができていた。

 その夜、芳佳は夕食を作りペリーヌと静夏がそれを手伝う。だが静夏が作ったスープはどうも美味しくない。静夏はひたすら謝罪する。

 深夜、ペリーヌは静夏を励ます。軍人として小さい頃から教育を徹底された静夏は料理を習っていなかったのだ。ペリーヌは芳佳の話をし始め、芳佳は独断専行、命令無視で静夏が疎ましく思うタイプだろう、と言ってからしかし芳佳が来て504航空団が飛躍的に強くなったのも事実なんだ、と話した。静夏はそのことが理解できなかった。

 翌朝、車で静夏と芳佳はペリーヌ邸を発つ。次の宿泊地はディジョン。ペリーヌからはライン川の国境を越えたり国境付近はネウロイが容赦なく襲ってくるので危険だと警告を受け、芳佳はリネットが一ヶ月も前から作っていた白衣をプレゼントされ、喜ぶ。

オラーシャ帝国ペテルブルク連合軍第502統合戦闘航空団前線基地
 サーニャ・V・リトヴァク(門脇舞以)中尉とエイラ・イルマタル・ユーティライネン(大橋歩夕)中尉は占いによって宮藤芳佳の身に災いが起こる、という不吉な結果をもたらして心配になり二人はペテルブルク基地を経とうとする。

 アレクサンドラ・イワーノヴナ・ポクルイーシキン(原由実)大尉に別れを告げられ、経とうとするが見送りに来たニッカ・エドワーディン・カタヤイネン(高森奈津美)曹長が落雷を受けてストライカーユニットを壊したことで出発を少し遅らせて気を取り直してニッカに見送られながら去って行く。

 サーニャとエイラは霧中の海で巨大な何かに遭遇する。

 一方、ディジョンに向かっていた静夏と芳佳。道中、村人に無線を貸してほしい、と頼まれる。どうやら国境付近の村で崖崩れが起きたらしい。しかし静夏たちの無線も繋がらない。芳佳は静夏に頼んで危険だと承知で村へ向かう。

 芳佳は簡単な治療で被害に遭った村人を助けていく。だがあるけが人の止血にシーツなどが足りない、と知り芳佳はリネットに謝ってからリネットから貰った白衣を止血に使った。その日の夕方、芳佳も静夏もその村に泊まることになる。

ベルギガ王国サントロン基地。
 ミーナとハイデマリーはヴェネツィアの襲撃などでライン川の方で新たなネウロイの巣が生まれたのでは、という可能性を思いつきゲルトルート・バルクホルン(園崎未恵)大尉とエーリカ・ハルトマン(野川さくら)中尉に哨戒へ向かわせようとする。

 ゲルトルートらは最初、自分たちでなくても、と反論を唱えたがエーリカが哨戒地点の近くは芳佳が通る道だ、と言うとゲルトルートは芳佳の身が心配になりすぐさまエーリカと共に出発する。

 ライン川近くに差し掛かったころ。ゲルトルートとエーリカは引き返そうとした矢先に潜望鏡型ネウロイに遭遇する。潜望鏡型ネウロイは小型ネウロイを次々と放出しゲルトルートとエーリカを苦戦させるが、何とかそれらを撃退。しかし潜望鏡型ネウロイはガリアの芳佳たちの近くの村に向っていってしまった。

 帰り道、エーリカがゲルトルートに抱き着いて帰るために二人とも武器を全て捨ててしまった。その直後に小型ネウロイが襲撃し万事休すとなるがミーナの出撃によって難を逃れる。

 一方、村から去ろうとした芳佳と静夏は村を襲撃する潜望鏡型ネウロイを発見し村を救出しようとする。

 芳佳は村人の避難指示をし、静夏が潜望鏡型ネウロイから放出される小型ネウロイと対決。何機か撃墜し訓練通りに撃墜できたことで喜ぶが、変形小型ネウロイの攻撃をうまくガードしきれず地上に落ちて気絶してしまう。

ガリア共和国第506統合戦闘航空団セダン基地
 ハインリーケ・プリンツェシン・ツー・ザイン・ウィトゲンシュタイン(川澄綾子)少佐はウィッチに出陣命令を出し、ロザリー・ド・エムリコート・ド・グリュンネ(野水伊織)少佐が留守を担う、と聞き自らも出陣し多数のネウロイと交戦する。

 ネウロイの大規模攻撃は各地で行われた。ベルギガ東部アルデンヌ、南部のバストーニュ、連合軍西方総司令部ではドナルド・D・アイゼンハワー(辻親八)元帥やモントゴメリー(中田譲治)が対処に追われていた。

 一方、ミーナ、ハイデマリー、ゲルトルート、エーリカは会議をしていたが、そこにやってきたペリーヌとリネットから芳佳と連絡が途絶えた、と聞きすぐに途絶えたあたりの地点へ向かう。

 芳佳は静夏を木陰に休ませて車で潜望鏡型ネウロイの気を引きつけ村から離れようとする。だが潜望鏡型ネウロイの攻撃を受け芳佳は負傷してしまう。

 やがて地中から超巨大な母艦型のネウロイX-26が現れる。それはたくさんの中型小型ネウロイを放出していった。

 目を覚ました静夏は芳佳の元に駆けつけ、芳佳の危険を見て、上空へとび立ち、とにかく無線で助けを求める。
やがて静夏はネウロイに囲まれてしまう。

 その無線で断片的に救援要請を聞きつけたハイデマリー、ミーナ、リネット、ペリーヌ、ゲルトルート、エーリカはすぐにその地点へ向かう。

 一方、芳佳は母艦型ネウロイX-26型を撃破するために再集結した元第501統合戦闘航空団のウィッチ達の自分を心配する声の呼びかけを聞いて立ち上がる。

 その瞬間、芳佳は突如魔力が復活し、傷も癒えていて、巨大な魔法陣がまばゆい光とともに半球状に出現して付近の魚雷型ネウロイを復活した魔法力だけで撃破し、母艦型ネウロイにもダメージを与える。

 やがて(TVアニメの頃に座礁した)修復された戦艦大和がライン川から突如、登場しネウロイに攻撃。その大和から零式に乗った坂本美緒が魔法力が回復した芳佳にストライカーユニット「震電」を届ける。

 やがて霧中の海で大和と合流していたサーニャとエイラがやってきて、ついに元第501戦闘航空団が集結する。

 元第501戦闘航空団は集結して宮藤芳佳を先頭にバリアを敷いて突撃。ついにネウロイX-26を貫き破壊する。

 上空で芳佳の魔法力に救出された静夏は芳佳の力に感動し、思わず抱き着いてしまう。少尉と呼ぶ静夏に宮藤は少尉はいらないよ、と優しく微笑む。

 ハイデマリーはミーナにカールスラント国境にネウロイ出現の兆しあり、という無線を受信したと報告する。ミーナは第501航空団の再結成を宣言し、新たなネウロイの下へ飛び去って行った・・・・







 実はこの映画の静夏ちゃんが芳佳のことを「宮藤さん」と呼ぶのですが私、この呼び方がどうにも「咲 -saki-」の原村和が宮永咲に対して言う「宮永さん!」と同じイントネーションに聞こえてダブってました。これは続編では静夏と芳佳の百合展開がくるという暗示でしょうか・・・

 ところで、この映画も戦闘シーンはなかなかのものでしたねえ。でも戦闘シーンでいちいちパンツを見せてくる、いやらしい映画だなあ。

【Amazon.co.jp限定】ストライクウィッチーズ劇場版Blu-ray限定版 (劇場版後日談ドラマCD「坂本美緒少佐陣中日誌」付き) (完全限定生産版)【Amazon.co.jp限定】ストライクウィッチーズ劇場版Blu-ray限定版 (劇場版後日談ドラマCD「坂本美緒少佐陣中日誌」付き) (完全限定生産版)
(2012/10/26)
福圓美里:宮藤芳佳、内田彩:服部静夏 他

商品詳細を見る

ノベライズ
ストライクウィッチーズ 劇場版  還りたい空 (角川スニーカー文庫)ストライクウィッチーズ 劇場版 還りたい空 (角川スニーカー文庫)
(2012/03/31)
南房 秀久

商品詳細を見る
スポンサーサイト

g@me. | Home | デイ・アフター・トゥモロー

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。