上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竜巻に巻かれてまで、演奏するミッキーくんのオーケストラ団はなかなかにブラボーです。


『ミッキーの大演奏会』 The Band Concert (1935年)
ミッキーの大演奏会
スタッフ
監督:ウィルフレッド・ジャクソン
製作:ウォルト・ディズニー
音楽:リー・ハーライン
配給:ユナイテッド・アーティスツ
キャスト
ミッキーマウス:ウォルト・ディズニー(後藤真寿美)
ドナルド:クラレンス・ナッシュ(関時男)
ナレーション(土井美加)


 ウィルフレッド・ジャクソン監督作品「ミッキーの大演奏会」。原題は「The Band Concert」。

 さてこの映画、色使いがまるで絵の具のように綺麗ですが、ミッキー主人公シリーズの初カラー映画なんですね。当時ミッキーシリーズをカラー映画で観たかった人にはとっても綺麗に見えたでしょう。ちなみに同年に「ミッキーの自動車修理」が公開されてます。こっちは白黒ですね。

 この映画はミッキーの大演奏会ということでミッキー楽団の演奏に重点を置いてますね。その通りで音楽も軽やか、それに合わせるようにミッキーたちの動きも軽やか。

 この映画の名シーンは竜巻に巻かれながらもミッキーたちが演奏を続けるシーン。竜巻の軸を中心にミッキーら楽団たちも回る、という動きがうまく作られてますよ。そしてこの竜巻に巻き上げられるミッキー楽団のシーンは神々しくも見えますね。



【あらすじ】

 ミッキー楽団は、野外ライブをはじめる。そこへアイスクリーム、ポップコーン売りのドナルドが自分も目立ちたい!と言わんばかりに自慢のフルート演奏を吹き始める。ミッキーにとっては邪魔だ!追っ払い、邪魔し合いが始まる。













【以下全文ネタバレ注意】













↓四行後にネタバレ文あり




 今日はミッキー(ウォルト・ディズニー)のオーケストラの野外コンサートが開かれる日。観客の拍手に包まれて、ミッキー、豚のピーター・ピグ、バディー・ピグとヤギのギデオン・ゴート、馬のホーレンス・ホースカラー、牛のクララベル・カウらミッキー楽団は挨拶をする。

 さてさて曲は、ジョアキーノ・ロッシーニ作曲「ウィリアム・テル序曲」。第1部〈夜明け〉を演奏し始めるミッキーたち。ミッキーは真剣そのもの。

 そこへ不快な声でポップコーンとラムネ、アイスクリームの宣伝をしはじめ空気をぶっ壊してきたのはドナルド(クラレンス・ナッシュ)。ドナルドは楽団の演奏に感化され、図々しく舞台に上がり込み自慢のフルートで「オクラホマミキサー(藁の中の七面鳥ともいう)」を吹き始める。

 さあ楽団もこのフルートにつられ始める。キレたミッキーはフルートを取り上げ、バキッと折ってしまう。しかしドナルドは意に介さず、またしても袖からフルートを取り出し吹き始める。ミッキーはまた取り上げ折る。またドナルドはどっかからフルートを取り出し、吹き始める。ミッキーが取り上げようとするとドナルドは自分で折ってそれをミッキーに渡す。

 挑発されたミッキーはドナルドを追いかけるがあいつはすばっしこいので逃げられてしまう。ミッキーはつられてオクラホマミキサーを演奏する楽団の指揮を立て直そうとする。またしても邪魔するドナルドを追い出す。

 でもドナルドは諦めない。オクラホマミキサーを吹き続ける。そこへハチ君がドナルドの邪魔をしにきた。追い払われたハチ君はミッキーの頭の上に乗っかる。

 ハチ君への復讐に燃えるドナルドはアイスを投げつける。アイスはミッキーの頭に当たり、それを超えてパディー・ピグのチューバに入る。パディーはチューバを大きく吹いて、アイスを取り除きアイスは今度はミッキーの服の中に入る。

 ムズムズしちゃうミッキーは服の中のアイスを取り除いて、演奏を元に戻すがハチ君が邪魔をしにきた。ハチ君は舞台を飛び回り、演奏者たちの邪魔をする。さあ困った。演奏者たちはそれぞれの楽器でハチ君を退治しようとしてヒッチャカメッチャカになってしまう。

 さあ第2部《嵐》がはじまる。そこへタイミングを見計らったようにアメリカの田舎によくある竜巻が近づいてきた。竜巻はどんどん舞台に近づいてきて観客は一斉に逃げ出す。

 竜巻に巻き上げられる楽団。しかし演奏は止まらない。おのおの浮かび上がりながら一緒に浮かぶ楽譜を見ながら演奏を続ける。

 さあやっと竜巻は収まったようで。全く意に介さないままミッキーたちは演奏を終えた!これぞまさに職人芸!

 しかし観客は逃げてしまったので拍手をするのはドナルドだけ。ドナルドはまた調子づいてオクラホマミキサーをフルートで吹き始めたので楽団は一斉にドナルドに楽器を投げつける。ドナルドの“七面鳥”も受け入れられなかったようだ・・







 ドナルドの扱い、酷いですね(笑)邪魔者であり、ハブられる者であり。
スポンサーサイト

アダムス・ファミリー | Home | ミッキーの自動車修理

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。