上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は劇場公開時に観たんですが、もう一回観ちゃいました。そらのおとしものの劇場版。


『劇場版 そらのおとしもの 時計じかけの哀女神』 (2011年・日)
劇場版 そらのおとしもの 時計じかけの哀女神
スタッフ
監督:斎藤久(総監督)、柳沢テツヤ(監督)
脚本:柿原優子
製作:新大陸発見部(製作委員会方式)、角川書店、クロックワークス、NTTドコモ、グロービジョン、AIC
音楽:岩崎元是
主題歌:blue drops(早見沙織&吉田仁美)『SECOND』
撮影:平林奈々恵、今泉秀樹
編集:櫻井崇
キャスト
桜井智樹:保志総一朗
イカロス:早見沙織
見月そはら:美名
守形英四郎:鈴木達央
五月田根美香子:高垣彩陽
ニンフ:野水伊織
アストレア:福原香織
ダイダロス:大亀あすか
風音日和:日笠陽子
空のマスター:三木眞一郎


 斎藤久、柳沢テツヤ監督作品「劇場版 そらのおとしもの 時計じかけの哀女神〝エンジェロイド〟」

 私、これのアニメが深夜アニメにどっぷりと浸かった原因なんですよ。これのアニメをDVDで全制覇してしまったが為にそれ以来、深夜アニメをよく観るようになりました。今のところ、私のなかでこれを超えたアニメは無いですねえ。

 だから私、アニメ映画で唯一、これはわざわざ幕張の映画館まで見に行ったんです。私の家から意外と電車で遠いんですよ。もし他の映画だったら観るとしてもせいぜいDVDスルーだと思われますね。

 それだけこのアニメと映画、すごい好きなんです。アニメ映画の中で一番のオススメですね。


【あらすじ】

 ある田舎町・空美町。ここに笑顔がまぶしい少女・風音日和という少女が暮らしていた。日和はある日を境に桜井智樹という同級生のことが気になりだし、やがて魅かれていく。そして日和はいつも智樹が楽しそうにしている新大陸発見部という部活に入部する。しかし日和はまだ知らない。夢から覚める時が近いのを・・・















【以下全文ネタバレ注意】












↓四行後にネタバレ文あり




 空が美しく澄み切った町・空美町。ここには風音日和(日笠陽子)という少女が暮らしていた。彼女は両親を2年前に亡くし、農園を手伝ってから空美中学校に登校していた。彼女には一人、気になる同級生が居た。桜井智樹(保志総一朗)だった。

 桜井智樹を意識しだしたのは家庭科の調理実習で自分の作った野菜を褒められた時からだった。それ以来、智樹を見つけると目で追ったり意識してしかたがない。

 桜井智樹には幼馴染の見月そはら(美名)という女の子がいた。彼は部長が変人で有名な守形英四郎(鈴木達央)の新大陸発見部に英四郎の幼馴染の怖い女子生徒会長・五月田根美香子(高垣彩陽)によって強制的に入部させられたのだ。

 やがて智樹はイカロス(早見沙織)という名前のエンジェロイドと出会い同居するようになる。そのうちにニンフ(野水伊織)というエンジェロイドも智樹の家に同居し、アストレア(福原香織)というエンジェロイドも智樹の家に食事を食べに転がり込んだりもしていた。ニンフは自分のマスターである空のマスター(三木眞一郎)に奴隷のように従わされていたが、彼を見限っている。空のマスターがエンジェロイドを玩具のように扱ってるのには製作者のダイダロス(大亀あすか)もよく思っていなかった。

 智樹自身は何事もなく平和に暮らすのが一番だ、と思っていたが智樹を取り巻くいろんな出来事に智樹は余計に輝いていった。まああまりにもエロくてゴキブリ桜井、なんて女子にあだ名されているのは置いておいて。





 日和は徐々に智樹への好意を自覚していく。やがて智樹が輝ける新大陸発見部への憧れと智樹に少しでも近づくために日和は新大陸発見部に入部を決意する。



入部しに来た日和

 新大陸発見部に一定の部員数がたまり、今までのように幽霊部員ではいられなくなると美香子から聞かされた智樹。智樹はなんとかしなくては、と焦って新大陸発見部は清純な部活である、というあたりをうまく利用し智樹は清純という名目で不純なことを入部テストという形で日和にさせて日和に入部を諦めさせようとする。

 入部テストの内容は本当に不純なことだった。例えば清純=白ということで、真っ白なパンツを口につけさせたり、白い石鹸の使われている銭湯の女子風呂を覗かせたり、白いスクール水着や巫女さんの恰好をさせたり、あげくの果てには寿司屋で白いパンツにぎりを食わせようとしたが流石に智樹の良心が痛みそれはさせられなかった。

巫女姿の風音日和

 そこへ勝手に最悪の入部テストをしている智樹に激怒した英四郎、美香子、そはららによって制裁を食らわされる。そして智樹をボロボロの姿で放置しておけ、という意見をよそに日和は智樹を気遣うのだった。

 日和は智樹にお気に入りの空美町を見渡せる丘を紹介する。しかしそこは何と智樹にとってもお気に入りの場所だった。日和の夕陽に照りながら眩しい笑顔を浮かべる姿に智樹は釘付けになってしまう。

 やがて新大陸発見部の部活が始まる。智樹は入部テストという名目で日和を外で連れ出し部活の活動として遊びまくる。日和は部活の活動をしているうちに楽しみを得ていく。そしてまぶしい笑顔を浮かべるのだった。それに智樹は満足そうに一緒に楽しんでいく。

河原でカレー

エンジェロイドと智樹

 また日和はイカロスともスイカの育て方で意見が合致したりして話す機会が増える。

日和とイカロス

 ある日、智樹と日和の関係を怪しんだそはららが智樹を問い詰める。ずばり付き合ってるのでは?と。それを畑を手伝っていた日和は(智樹に農業服の姿を見られたくない、と)隠れて聞いていて思わず声を出す。付き合っているわけではない、と分かったものの日和は自分の泥まみれの姿を智樹に見られて嫌われた、と思う。しかし智樹は日和の育てている野菜をまた褒めるだけだった。日和はついに告白を決意し、智樹に告白するのだった。

 翌日、智樹はトイレで「生まれてこのかた、モテたことなくて好きってなんですかーー!」と悩む(実は智樹は、そはら、ニンフ、アストレア、イカロスからも好かれている)。そして智樹は日和と待ち合わせた丘へ向かう。ニンフは「智樹と日和が付き合うのはよくないわ」と意味深につぶやく。

 一方、日和も待ち合わせした丘へウキウキしながら向かう。だが日和は横断歩道を渡ろうとして大型トラックに轢かれ死んでしまう。すると日和の身体はなんと消滅しはじめる。それから地上の人たちの中から日和に関わる記憶や物が抹消されていった。

 夕方。丘ではいまだに智樹が日和を待っていた。イカロスとニンフが迎えに来て、智樹は頭痛を訴えながら家に帰る。イカロスとニンフは真実を打ち明けるべきか悩むのだった。

 夜、ニンフは智樹の布団に忍び込み「私のマスターになってほしい」と頼み込む。しかし智樹はマスターとかで自由を縛るのはいいことではない、と言う。するとニンフはマスターになってほしい本当の理由を打ち明けようとした時、智樹が再び頭痛による激痛を訴え始める。ニンフは悲しそうに智樹に抱き着くのだった。

 翌朝、新大陸発見部で日和がどこにもいないことを美香子、英四郎、そはららに聞くが風音日和なんて知らないと答える。智樹は日和が写っている写真を見るが、なんと写真には日和が空白のようにいなかったのだ。智樹は驚愕して走り出す。

 帰宅した智樹はイカロスとニンフにどういう事か問い詰める。ニンフは声を荒げて「真実を話したら、日和以外の非現実に智樹は気付いちゃう」と言う。やがて智樹はついに気を失った。

 天上のシナプス。今まで地上で暮らす、という長い夢を見ていたシナプスの風音日和が起きる。日和は起きたくなかった、新大陸なんて来たくなかったと号泣する。そこへ空のマスターが現れ智樹に会える唯一の手段があると日和に提案する。

 地上で、イカロスとニンフ、アストレアは強いエネルギーを感じとり、その地点へ向かう。そこには風音日和が。日和は地上に戻れたことを喜ぶがやがて、地上へ日和と共に降り立ったカプセルが変形し日和を捕らえエンジェロイトタイプZ〈ゼータ〉に変身させてしまうのだった。エンジェロイドに改造された日和は意識を失って操られている状態だった。

タイプZ

 ダイダロスは空のマスターに「同胞を改造するなんて正気じゃない」と非難するが空のマスターは「地上に夢ばかり見る連中だ。地上のダウナー〈=地上人〉を皆殺しにさせてやる」と狂気の笑みを浮かべるのだった。

 やがてニンフは誰も気付けないために日和を破壊しようとするが、そこへ智樹が現れニンフが傷つくからやめるんだ。と言うのだった。智樹は日和を助ける、と宣言し英四郎に連れられその場を一時、後にする。イカロス、ニンフ、アストレアらは日和を捕らえている時計じかけの機械を壊せば日和の意識が戻るのでは、と考え連携プレイで機械を破壊する。

 だが機械が破壊されても日和の意識は戻らず、やがて時限装置が起動し空美町を丸ごと時空消失させる爆発を起こそうとしていた。イカロスは日和を絶対防御「イージス」で包み込みその中に自分も入って二人だけで時空消失しようとする。そこへ智樹が現れイカロスに馬鹿なことをやめるよう言い、日和が落とした鈴の髪飾りを日和に返す。

 その瞬間、日和の意識が取り戻されイカロスに智樹を頼んで智樹にキスをする。日和は智樹に心の中で「アナタのことが大好きでした」と笑いながら空高くへ浮かび上がり智樹を巻き込まないように一人で時空消失の爆発を遂げるのだった。

 智樹は悔し涙を浮かべながら「助けるって言ったのに・・・」とつぶやく。空美町の空は綺麗だった・・・

♪そらとまぼろし    blue drops

♪SECOND       blue drops


 日和の写る写真に日和の姿が戻ってきた。一方、智樹はお気に入りの丘にやってきた。そして鈴の音が聞こえる。智樹は後ろを振り返り、とびっきりの笑顔を浮かべるのだった・・・










 まあ有無を言わさず私にとって素晴らしい映画でした。

 さてちょっと解説を入れさせていただきます。まずニンフが言った「非現実は日和だけじゃない」と言うのは日和以外にも日和と同じく実はシナプス人で、地上に夢を見ている=つまり地上に存在していることになっている人が智樹の周りにもいる、という事だと思われます。

 今のところ、疑わしきは五月田根会長と見月そはらなんですよね。何せ地上にいる間は自分がシナプス人であることを覚えていないらしいですから何とも見当をつけずらいですな。

 シナプスの部分については原作でもアニメでもまだ物凄い謎が多くてかなり伏線が張り巡らせられています。そういった意味でこの作品は推理もできるからなかなか飽きさせてくれませんね。そうですねえ・・伏線の多さとかなら名探偵コナンにも負けないんじゃないでしょうか・・・まあそれは言いすぎたとして。
スポンサーサイト

禁じられた遊び | Home | 戦場にかける橋

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。