上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一本、今度はサイレント映画の「スコットランドの女王、メアリーの処刑」を観ました。


『メアリー王女の処刑』 (1895年・米)
メアリー王女の処刑
スタッフ
監督:アルフレッド・クラーク
撮影:ウィリアム・ハイセ
キャスト
メアリー王女:ロバート・トマエ

 はい。メアリー・スチュアート王女はスコットランドの女王です。諸侯と教会の派閥に退位に追い込まれ、息子に譲位し後に19年間監禁されてから彼女が自身の保護を求めたエリザベス1世の手によって処刑されました。まあ陰謀によって処刑されたも同然でしょう。

 これが初のホラー映画であり初のSFXともいわれています。ちなみにこの映画の構造は斧で首を斬られる寸前にカメラを止めて女優とダミー人形をすり替え、それから首を切断しあたかも本当に処刑したかのように見せたわけでございます。

スポンサーサイト
Category: 洋画マ行

エクソシスト | Home | ティファニーで朝食を

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。