上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は映画「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」を観ました。


『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』(1997年・日)
名探偵コナン 時計じかけの摩天楼
スタッフ
監督:こだま兼嗣
脚本:古内一成
原作:青山剛昌「名探偵コナン」
音楽:大野克夫
主題歌:杏子 「Happy Birthday」
キャスト
江戸川コナン:高山みなみ
毛利蘭:山崎和佳奈
毛利小五郎:神谷明
工藤新一:山口勝平
鈴木園子:松井菜桜子
阿笠博士:緒方賢一
吉田歩美:岩居由希子
円谷光彦:大谷育江
小嶋元太:高木渉
目暮十三:茶風林
白鳥任三郎:塩沢兼人
中沢真那美:藤井佳代子
森谷帝二:石田太郎


 こだま兼嗣監督作品「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」。

 名探偵コナンは見たこと無くても名前は知っている、という方も多いのではないでしょうか。この映画はコナンの初映画作品ですね。

 アニメ作品でやっぱりこの頃と今は作画が違いますねえ。

 森谷帝二のアテレコが石田太郎!彼は二代目コロンボであり、ジーン・ハックマンでありSAWのジグゾーであり・・・吹き替えに定評のある方ですね。


【あらすじ】

 黒づくめの組織に毒を盛られ身体が小さくなってしまった名探偵・工藤新一。またの名を江戸川コナン。コナンは黒川邸での殺人事件で名探偵・毛利小五郎を眠らせ変声機を使ってさも小五郎の推理のように見せかけた。ある日、新一の元に森谷帝二という建築家からパーティの招待状が届く。そのパーティの後、火薬庫から火薬が盗まれさらに放火事件が多発する。それは黒川邸でも起こった。やがてその犯人と名乗る人物から新一の元に電話がかかる。














【以下全文ネタバレ注意】











↓四行後にネタバレ文あり




 高校生探偵・工藤新一(山口勝平)はある日、幼馴染の毛利蘭(山崎和佳奈)と遊園地でデートしている際に黒づくめの組織の取引現場を見かける。しかし見張っている内に組織のもう一人のメンバーに毒を盛られる。目を覚ましたころには少年の姿になっていた。

 小さくなった新一は知り合いの阿笠博士(緒方賢一)の下を頼り、新一は黒づくめの組織から生きていることを悟られないために〝江戸川コナン〟(高山みなみ)を名乗るのだった。

 コナンは毛利蘭とその父親で探偵の毛利小五郎(神谷明)に引き取られる。しかしコナンは小五郎と行動を共にすることで自然と難事件に巻き込まれる。コナンは催眠銃と変声機を使って小五郎を眠らせ、変声機でさも小五郎の推理によって解決した、ということにしていた。


 コナンは同じ手段で黒川邸の殺人事件を解決させてみせた。黒川大造を殺した犯人は家政婦の中沢真那美(藤井佳代子)だったのだ。

 数日後、工藤新一宛てに手紙が届く。それは一級建築家の森谷帝二(石田太郎)からで、パーティに招待されたのだ。新一はコナンとして参加するべく新一の声で蘭に「コナンを連れてってパーティに代理として参加しておいてくれ」と頼み込む。蘭は条件として5月3日、新一の誕生日に映画「赤い糸の伝説」を帝都ビルで一緒に観ることを約束させるのだった。

 パーティ当日、森谷は簡単なトリック遊びを参加者に問う。その答えを解いたのは江戸川コナンただ一人だった。その後、蘭は森谷に新一の誕生日に森谷の自信作「帝都ビル」で公開される映画を観ることを打ち明けるのだった。森谷は嬉しそうだった。

 翌日、特殊火薬が盗難されるという事件が発生。更に黒川邸が焼き払われるという事件が発生した。

 そのニュースを観た直後、新一に犯人と名乗る人物から電話がかかる。なんと爆弾を仕掛けたというのだ。

 コナンはすぐに仕掛けられた公園に行き、そこでラジコン遊びをしていた同級生でよくつるみ、少年探偵団を結成したメンバー吉田歩美(岩居由希子)、円谷光彦(大谷育江)、小嶋元太(高木渉)が甘い臭いがする謎の男から戦闘機のラジコンを貰ったと聞きそのラジコンに爆弾が仕掛けられていることに気付きなんとか空中で爆発させ被害を最小限に食い止める。

 更に犯人から電話がかかってきて今度は広場の木の下に爆弾を仕掛けたという。コナンはネコの入っていたカバンに仕掛けられていたということに気付いて間一髪で人気の離れたところで爆発させるがコナンが爆風に巻き込まれ負傷する。

 病院に運ばれたコナンに警視庁から目暮警部(茶風林)と白鳥刑事(塩沢兼人)が聞き込みにくる。新一に恨みを持っている人物の犯行だ、と新一が解決した一番大きい事件を思い当たる。それは西多摩のニュータウン計画を遂行していた岡本市長(平尾仁)が轢き逃げを起こして新一の推理によって逮捕された、という事件だった。

 そのタイミングに犯人から電話がかかってくる。犯人は環状線の電車に爆弾を仕掛けた、と話し日没に爆破する、そして時速60キロ未満になると爆破するという予告だった。

 コナンは自分が持っているスケートボードがソーラーパネルなので夕方には使えない、という話を阿笠から聞き一つの可能性を思いつく。それは実は線路に爆弾が仕掛けられていて電車がその地点を通過すると爆破する、という可能性だった。

 コナンは新一の声を使って目暮にそのことを報告し環状線の爆破を防ぐのだった。

 やがてコナンは環状線の線路の爆弾は森谷の30代のころに設計した(本人は未熟な作品と恥ずかしがっていた)橋であると気付き、黒川邸の放火といい、一連の事件は森谷と関係していることに気付く。

 森谷邸を訪ねた一行。そこでコナンは森谷から甘い臭いを感じ彼が犯人では、と気づく。そして屋敷を探索し実は森谷が西多摩ニュータウンの計画を担当していた、という事を知りコナンは新一への復讐とカモフラージュも兼ね森谷が完全主義の自分が妥協せざるを得なかった30代の作品を恥じて爆破しようとしたと気付く。

 コナンは新一の声を使って森谷が犯人であると暴露した。森谷は屋敷を爆破させようとするがコナンがすでに起爆装置の乾電池を抜いたのだ。

 森谷は逮捕されるが森谷が帝都ビルを爆破させたことが明かされる。やがて森谷邸にも轟音が轟き、最初は入り口と裏口が爆破される。森谷は新一に伝言を頼む。「お前のために3分用意した」

 蘭のいたロビーは入口がガレキで塞がれコナンは入り口の前までたどり着く。爆弾は蘭の手によって発見され0時3分に爆発することが分かる。コナンは3分の意味を不思議に感じながらも蘭がソーイングセットのハサミを持っていることを知り、蘭に爆弾の解除を頼む。

 森谷は小五郎に「たとえ最後まで解体できても最後の一本が運命を分ける」「建築に哀れな娘を思う父としての愛は必要ない。人生にもな」と不気味に笑うのだった。

 蘭はコナンの言う順番にコードを切っていきやがて最後の黒のコードを切るがタイマーは止まらない。最後に残ったのはのコード2本だった。

 やがて0時になる。蘭は新一に誕生日おめでとう、と話す。コナンは新一の声で「好きな方を切ればいい。死ぬときは一緒だ」と言う。やがて天井が崩落しコナンは携帯電話を壊す。

 コナンは森谷との会話を思い出す。蘭は森谷に「新一はラッキーカラーの赤が好き」ということを話していた。コナンは赤い糸を切ってはいけない、と大声を張り上げるが聞こえなかった。

 やがて蘭はのコードを切る。





 蘭が切ったのはのコードだった。

 蘭が救出されたあとコナンは新一がを切ると思ったのにを切ったことを不思議がっていた。


「だって赤い糸は切りたくなかったのよ。もしかしたら新一と繋がっているかもしれないじゃない」











 ハリウッド的要素があるようなコナン映画でしたね。環状線が60キロオーバーすると爆破するところとかハリウッドじゃないですか。ていうか「新幹線大爆破」じゃないですか。

 コナンアニメは観てないんですがこの頃はTVアニメでも名作が多かったとよく聞きますね。試しにこの映画観てみたんですがいやあ、なかなか良いですね。コードを切るときの緊張感とかたまりませんね。結末はわかっててもすごくドキドキさせられちゃいました。

 エンディングでマンションが出てきますがあれは月島のマンションですねえ。
スポンサーサイト

シャイニング | Home | ナバロンの要塞

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。