上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は映画「シャイニング」を観ました。


『シャイニング』(1980年・米)
シャイニング
スタッフ
監督:スタンリー・キューブリック
脚本:スタンリー・キューブリック、ダイアン・ジョンソン
製作:スタンリー・キューブリック
原作:スティーヴン・キング「シャイニング」
製作総指揮:ヤン・ハーラン
音楽:バルトーク・ベーラ、クシシュトフ・ペンデレツキ、ジェルジ・リゲティ、ウェンディ・カーロス、アル・ボウリー
撮影:ジョン・オルコット
編集:レイ・ラヴジョイ
キャスト
ジャック・トランス:ジャック・ニコルソン
ウェンディ・トランス:シェリー・デュヴァル
ダニー・トランス:ダニー・ロイド
ディック・ハロラン:スキャットマン・クローザーズ
スチュアート・アルマン:バリー・ネルソン
ロイド:ジョー・ターケル
デルバート・グレーディ:フィリップ・ストーン

 スタンリー・キューブック監督作品「シャイニング」。原題タイトルは「The Shining

 この映画はスティーヴン・キングが原作ですね。彼はミザリーとかグリーン・マイルとかファンタジーとホラーを掛け合わせた作品がよく映画化されていますね。しかしこの映画は原作とはずいぶんとファンタジー要素が薄目でその分、ホラーと狂気が前面に押し出されています。だから内容もそこそこ違うようです。

 それはキューブリック監督が「幽霊を信じない」という考えのもとストーリーをだいぶ改変したところにあるようです。

 しかしこれはホラー映画としては一流。霊的な怖さもあるにはあるんですが、それよりジャック・ニコルソンの演技した人間の狂気がものすごく印象に残りました。斧を振り回すニコルソンの狂気さは例えば「クロック・タワー」のシザーマンが狂気な喋り方をするみたいな感じですかね。

 この映画の舞台は展望ホテル。撮影に使用されたのはフッド山にあるティンバーライン・ロッジだそうです。オレゴン州に行ったらぜひ、行ってみたいですね。

 ところでもしかしたら私がTSUTAYAで借りたやつはところどころカットされているのかもしれません。


【あらすじ】

 小説家を目指すジャック・トランスは冬の間閉鎖されるオーバールック・ホテルというホテルの管理人を任される。このホテルでは前任の管理人が孤独に耐えきれず狂気に染まり妻子を殺したのだという。やがて猛吹雪が起こり貸切状態のホテルでジャックは妻のウェンディ、息子のダニーと3人だけの生活が始まる・・・


♪舞踏会で流れる曲














【以下全文ネタバレ注意】











↓四行後にネタバレ文あり




 作家志望のジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)は山の上にある展望ホテル〝オーバールック・ホテル〟の支配人スチュアート・アルマン(バリー・ネルソン)から仕事を貰う。それは冬の間、猛吹雪で閉鎖されるホテルを管理人として滞在してほしいという仕事だった。

 簡単そうな仕事だがスチュアートはこの仕事は孤独に追いつめられるという。またアルマンは元管理人のデルバート・グレーディが孤独に耐えきれずに狂って妻と娘二人を殺し自分は猟銃で自殺した、という惨い事件が起こったということを話す。しかしジャックは自分は大丈夫だ、と言いひとまずスチュアートを安心させる。

 ジャックは妻ウェンディ(シェリー・デュヴァル)に仕事に採用されたことを報告する。家族でホテルに冬の間、住み込むのだ。しかし二人の息子のダニー(ダニー・ロイド)は超能力により存在しない友達〝トニー〟と会話しトニーが父の新たな仕事を歓迎しないことと未来予知をして不安になる。

ダニー

ウェンディー

 やがて閉鎖の日となりジャックは家族を連れてホテルに到着する。ダニーは謎の二人の娘と出会う。それは予知のときに見かけた少女たちだった。予知の映像にでてくる二人は斧で体をかち割られていた遺体の姿でもあった。

 ウェンディはダニーと一緒に料理長のディック・ハロラン(スキャットマン・クローザーズ)に厨房を案内されていた。そこでダニーはディックが自分と同じ能力を持ってることに気付き心の中で会話したりもする。

 ディックはダニーにアイスクリームをあげる、と言ってひとまずウェンディの下から離し二人で会話する。自分たちは同じ能力〝シャイニング〟を持っている、ということなどを会話しやがて237号室には絶対に入ってはいけない、と忠告する。


 1ヶ月が経ち未だにジャックは新作が書けず苛立っていく。

 火曜日。ダニーは237号室が気になりドアを開けようとするがドアが開かなかったのでひとまず引き払う。一方のジャックは新作が書けないことでついに苛立ってウェンディに八つ当たりをして追い払う。

 木曜日。ジャックは狂気的な目になっていく。

狂気的な目になるジャック

 水曜日。ジャックはダニーとウェンディを自分の手で惨殺した夢を見て不安になる。ウェンディが駆けつけジャックを気遣うがそこへやってきた負傷したダニーの姿を見て「あなたがやったのね!」とヒステリックにジャックを罵り去って行く。

 ジャックはゴールド・ルームのバーに座り込む。むろん、閉鎖されているので酒は無いしバーテンもいないはずなのだが何故かバーテンのロイド(ジョー・ターケル)が出現しジャックに酒を出す。ジャックはロイドに愚痴ったりしていたが、そこへウェンディが現れ237号室に入ったダニーが女に傷つけられた、ということを話す。

バーテンのロイド

 その頃、能力故に恐ろしい夢をディックは見て嫌な予感を感じる。ホテルに電話をかけるが通じなかった。

 237号室に来たジャックはそこで裸の女に誘惑される。しかしみるみる内にその姿が老婆に変貌しこちらへ迫ってくる。動揺したジャックは237号室を退室し鍵をかけて立ち去る。

 ジャックは部屋に戻ってウェンディに何もいなかった、と話す。そうしてダニーが首に傷を負った理由を自分で首を絞めたんじゃないか?とわけのわからない事を言い心配になったウェンディはホテルを離れることを提案する。それにジャックは激昂し「何度も俺の仕事を邪魔しやがって!」と罵って出ていく。

 ジャックはゴールド・ルームに再び行く。そこでは舞踏会が開かれていた。バーテンのロイドに酒をもらい金を払おうとするが酒は無料です、とロイドから話され不審がりながらも酒を飲む。

 そして自分も踊ろうと立ち上がったところで給仕係とぶつかりカクテルをかけられる。給仕係はホテルへ連れて行って濡れた服を拭かれるがそこで給仕係の名前が〝デルバート・グレーディ〟ということを知る。

 デルバート(フィリップ・ストーン)は自分が管理人であることを否定し、むしろジャックが昔からの管理人であると話す。そしてデルバートはダニーが超能力者で黒人の料理長ディックを自分たちの世界に引き寄せようとしている、と語りジャックの仕事を邪魔しようとしている、と話す。

 そしてデルバートはジャックに自分が妻子にしたのと同じようにジャックも自分の妻子を〝しつけ〟なければならない、と語りジャックはそれに賛同するのだった。

 翌朝、デルバートは雪上車でホテルまで向かう。

 一方のウェンディは夫のタイプライターで打った文が狂気的な内容であることに気付く。そこへジャックが現れ動揺するウェンディに迫る。ウェンディはバットでジャックを殴りジャックは階段から転落する。

 ウェンディはジャックを食料保管庫に一時的に閉じ込め、下の町に行こうとするが雪上車に乗ろうとするがすでにジャックが部品を壊していた。

 やがて眠っていたジャックはデルバートと会話し妻子を殺すことを実行することを約束しデルバートに頼み込んで食料保管庫の扉を開けてもらう。

 ウェンディはダニーと部屋に籠っていたがそこへ解放されたジャックが斧で部屋の扉を壊してこじ開けようとしていた。ウェンディは浴室の窓からダニーを逃がすが自分は窓につっかかって出れない。ジャックは浴室の扉も壊そうとする。

浴室の扉を壊すジャック

浴室をのぞくジャック

 その時、ハロランの雪上車が到着しその音を聞いたジャックはホールへ向かう。そして救出に来たハロランを斧で惨殺しダニーの叫び声を聞いて彼を追う。

 ダニーは外に逃げホテル庭の迷路に逃げ込む。ウェンディは浴室を出てホテル内で何度も幽霊のようなものを発見していく。

 ダニーは迷路で雪によってつく自分の足跡を偽造して追いかけるジャックを騙してまくことに成功する。そして迷路を脱し、ダニーはウェンディと再会。二人はハロランの乗ってきた雪上車に乗ってホテルを去って行った。

 一方のジャックは極寒で発狂し迷路の出口も見つけられず、ついには凍死した。

 ホテルのゴールデン・ルームに飾られた1921年の舞踏会の写真。そこに笑顔のジャック・トランスが写っていた。







 最後のシーンは未だに疑問です。ちょっとよく分からないですね。やっぱり原作小説を読んでから映画を観るべきでしたかね。

 ちなみにちょくちょく出てくる二人娘は元管理人デルバートが惨殺した自身の娘だそうです。

 この映画、監督が原作からストーリーを改変したせいかちょくちょく分からない部分があるんですよね。あとタイトルでもある「シャイニング」があまりにも影薄すぎる。確かにホラー映画としては一級品で、製作スタッフも俳優の狂気の演技も素晴らしいとは思うんですが、キューブリック監督の改変に関してはちょっと納得がいきませんね。
スポンサーサイト
Category: 洋画サ行

キッド | Home | 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。