上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都、名探偵コナンの事件簿!


『名探偵コナン 迷宮の十字路』 (2003年・日)
名探偵コナン 迷宮の十字路
スタッフ
監督:こだま兼嗣
脚本:古内一成
原作:青山剛昌「名探偵コナン」
音楽:大野克夫
主題歌:倉木麻衣「Time after time〜花舞う街で〜」
配給:東宝
キャスト
江戸川コナン:高山みなみ
毛利蘭:山崎和佳奈
毛利小五郎:神谷明
工藤新一:山口勝平
服部平次:堀川りょう
遠山和葉:宮村優子
鈴木園子:松井菜桜子
阿笠博士:緒方賢一
灰原哀:林原めぐみ
吉田歩美:岩居由希子
円谷光彦:大谷育江
小嶋元太:高木渉
目暮十三:茶風林
白鳥任三郎:井上和彦
佐藤美和子:湯屋敦子
高木渉:高木渉
大滝悟郎:若本規夫
綾小路文麿:置鮎龍太郎
円海:井原啓介
竜円:中村大樹
桜正造:亀井三郎
水尾春太郎:遊佐浩二
西条大河:鈴置洋孝
山倉多恵:鈴木弘子
千賀鈴:安達まり


 こだま兼嗣監督作品「名探偵コナン 迷宮の十字路」。

 今まで語っていませんでしたが脚本の古内一成はドラマ「太陽にほえろ!」でデビューしたそうです。それ以後、刑事ドラマの脚本、そして名探偵コナンシリーズの脚本を多く手掛けています。

 舞台は京都です。この映画では西の高校生探偵こと服部平次とその幼馴染である遠山和葉の恋物語な気がします。というか平次さんの初恋の女性が分かる映画なんですけど・・まあ、青山さんの作品ですから展開はなんとなく推理できるんじゃないでしょうか。まあ、とりあえずどいつもこいつも、ってかんじですね。

 この作品では源義経と弁慶も主題ですね。そして「義経紀」の名前がよく使われていますが、読み方は「ギケイキ」ですね。これは歴史的史料というより、創作物のような意味合いが強い作品です。例えば弁慶と義経が頼朝からの逃亡中に関所を抜けるために、門番の前で弁慶が義経を殴った。まさか主君が部下を殴るわけがないと思った門番は関所を通らせたんです。そういう物語ですね。登場人物の一人、西条さんによれば「義経紀というより弁慶紀」だそうです。


【あらすじ】

 日本各地で5人の人物が殺された。5人は全員、古美術品ばかり狙う窃盗団「源氏蛍」のメンバーだった。コナンと小五郎は別件で大阪にやってきていた。そこで西の高校生探偵の服部平次とその幼馴染・遠山和葉と合流する。やがて京都で一行の知り合いの美術商が殺される・・・

※中国語字幕、悪画質注意














【以下全文ネタバレ注意】











↓四行後にネタバレ文あり




 東京・大阪・京都にまたがって5人の男たちが殺された。犯人は刀や弓矢など古風な武器で翁の仮面をかぶって殺害していた。警視庁では殺された5人が全員、古い美術品ばかり狙う窃盗団「源氏蛍」のメンバーであるということで都道府県警と共に合同捜査をはじめていた。

 一方、毛利小五郎(神谷明)は娘の蘭(山崎和佳奈)、居候の江戸川コナン(高山みなみ)、そして蘭の親友の財閥令嬢、鈴木園子(松井菜桜子)を連れて京都にやってきていた。

 小五郎は山能寺の僧侶・竜円(中村大樹)からの依頼を受けていた。山能寺では8年前に秘仏が何者かに盗まれたのだが、当時は住職・円海(井原啓介)が縁があれば帰ってくる、と警察に言わなかったがつい最近に犯人らしき人物から「この絵の謎をとけば仏像を返す」という手紙が来ていたのだ。コナンはこれを源氏蛍の仕業だと見抜く。小五郎は依頼として何とか解読しようとする。

 コナンは一人で源氏蛍の手がかりを見つけるため弁慶と義経ゆかりの地を歩いていた。その地のひとつでコナンは西の高校生探偵・服部平次(堀川りょう)と合流する。二人は情報を交換し合う。

 蘭たちは服部の幼馴染・遠山和葉(宮村優子)と合流した。和葉は平次が京都に来ると、いつも京都で出会った初恋の女性を探し出すんだ、と不安がっていた。

 コナンと平次は鞍馬山に来ていた。しかしそこで平次がライダースーツの男に弓矢で狙撃された。間一髪で交わしたコナンと平次はバイクで逃げたそのライダーをバイクで追いかけるが、ライダーの巧みな操縦により逃げられてしまう。

 その日の夜、コナンと平次は蘭たちと合流して山倉多恵(鈴木弘子)の経営する茶屋に来ていた。舞妓の千賀鈴(安達まり)の踊りを楽しむ小五郎たちや、竜円と親しい古美術商の桜正造(亀井三郎)、能役者の水尾春太郎(遊佐浩二)、古書店の店主・西条大河(鈴置洋孝)もそこに居たのだった。

 しかしその後、桜正造が何者かに殺害される。コナンと平次は桜の店に忍び込み、彼もまた「源氏蛍」のメンバーであることを知る。

 捜査を終えた平次と和葉は帰宅途中にまたしてもライダーに狙われる。平次はバイクを降りたライダーを自分も降りて雑木林まで追うが、そこで危うく殺されそうになる。しかし和葉が機転を利かせたことによって何とか平次は助かる。

 翌日、負傷した平次は入院する。しかし平次は事件を追うべく密かに抜け出しコナンと共同捜査を開始。その段階で阿笠博士(緒方賢一)が連れてきた吉田歩美(岩居由希子)、小嶋元太(高木渉)、円谷光彦(大谷育江)、灰原哀(林原めぐみ)とも合流する。

 和葉の方は昨日の犯人の手がかりを見つけるため雑木林に辿りつく。しかしその姿を怪しげな男が監視していた。

 平次は初恋の女性が千賀鈴ではないか、と思い始める。平次は初恋の女性と出会ったのは玉龍寺に忍び込んだ際だったのだ。小五郎は千賀鈴と京都府警の綾小路文麿(置鮎龍太郎)が犯人だ、と推理するが他の人たちによって論破される。

 コナンと平次は小五郎の推理もヒントとして、真相に着々と辿りつき始める。しかし和葉の電話で平次に、「和葉を誘拐した。廃寺になった玉龍寺にこい」という。しかし平次は傷が悪化して倒れこんでしまった。コナンは何とかするべく灰原に電話をかける。

 夜、玉龍寺に平次がやってくる。平次は犯人である「源氏蛍」の〝弁慶〟に桜正造殺しの事件の真相を話し始める。〝弁慶〟の正体は西条大河だった。

 西条は〝義経〟になりたがっていたが、体格から弁慶にさせられてしまったのだ。義経が残したお宝のヒントがあの小五郎の依頼を受けた絵だったのだ。西条は竜円に小五郎を呼び寄せるように提案したのだ。

 やがて平次も正体をあらわす。平次に変装したコナンこと工藤新一(山口勝平)だった。コナンは灰原から一時的に大きくなる薬をもらって平次になりすました。

 それでも薬の副作用でボロボロになっていた新一。やがて西条が呼び寄せた部下らに追いつめられるが西条の部下の一人が正体をあらわす。病院を抜け出した服部平次だったのだ。

 やがて元の状態に戻りそうになった新一はひとり戦線を離脱。そして雑木林で玉龍寺に駆けつけた毛利蘭と再会し、彼女を一時的に眠らせる。

 平次は和葉とひとまず蔵に立て籠もる。そこで和葉の手毬歌をヒントに名刀・村正を見つけ出す。その手毬歌は平次の初恋の女性が歌っていたものだった。

 平次は戻ってきたコナン、和葉の協力を得て西条らと戦う。コナンの協力により平次は西条を倒すのだった。やがてコナンが発火させた火を見つけた蘭、小五郎、白鳥らも駆けつける。一件落着する。

 小五郎は竜円らに仏像を取り戻せなかったことを詫びる。しかしなんと寺に仏像は戻ってきていた。コナンと平次が玉龍寺で見つけ出したのだ。和尚の円海は二人を義経と弁慶のような関係じゃ、と一人微笑むのだった。

 コナンたちが京都駅で新幹線に乗ろうとする前、平次は和葉が初恋の女性だと気付くが和葉にはそのことを教えなかった。新一と再会したのは夢だったのかと落ち込む蘭にコナンが夢ではなかったと教えるのだった・・・









 コナン映画って観たことあるのもあるんですが、結構覚えているシーンが多いですね。あの月明かりの新一と蘭の再会シーンは鮮明に覚えていました。結構前に観た記憶ですけどね。
スポンサーサイト

これから | Home | 給料日

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。