上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『椿三十郎』 (1962年・日)
椿三十郎
スタッフ
監督:黒澤明
脚本:黒澤明、菊島隆三、小国英雄
製作:田中友幸、菊島隆三
音楽:佐藤勝
撮影:小泉福造、斎藤隆雄
キャスト
椿三十郎:三船敏郎
室戸半兵衛:仲代達矢
井坂伊織:加山雄三
守島隼人:久保明
守島広之進:波里達彦
河原晋:太刀川寛
関口信伍:江原達怡
広瀬俊平:土屋嘉男
保川邦衛:田中邦衛
八田覚蔵:松井鍵三
寺田文治:平田昭彦
こいそ:樋口年子
木村:小林桂樹
千鳥:団令子
睦田夫人:入江たか子
黒藤次席家老:志村喬
竹林:藤原釜足
菊井六郎兵衛大目付:清水将夫
睦田弥兵衛城代家老:伊藤雄之助


 黒澤明監督作品「椿三十郎」。前年の「用心棒」の続編的映画らしいですよ。

 やはり三船敏郎主演で黒澤監督のコンビ作品。この映画は三十郎の剣劇とかが見れる映画ですね。ところでこの映画と用心棒だったらどっちが斬った数が多いかなあ・・・

 今ではすっごい大御所かつ年寄の方もやはりこの頃は凄い若かった。2000年代の小林桂樹とこの映画の小林桂樹は全然違いますし、田中邦衛も加山雄三も仲代達矢もこの映画ではすっごい若い。

 そして保川邦衛役が田中邦衛・・・

 今回も三十郎は適当に見つけた花の名前を苗字にして自己紹介しています。椿の花を見たから椿三十郎。用心棒では「桑畑三十郎」でしたね。


【あらすじ】

 とある社殿で若き侍たちは城代家老に次席家老の汚職の密告書を提出したが次席家老に破り捨てられてしまう。侍たちは次席家老を告発すべく、大目付の菊井に相談し彼と話し合うことが決まった。だがそこに流れ者の浪人が現れる。浪人は侍たちに菊井こそが汚職の黒幕だと話す・・・




















【以下全文ネタバレ注意】











↓四行後にネタバレ文あり




 真夜中の社殿。ここで9人の若い侍たちが密談を交わしていた。井坂伊織(加山雄三)は他の侍たちに次席家老の黒藤(志村喬)が汚職にかかわっていることを叔父で城代家老の睦田弥兵衛(伊藤雄之助)に報告したところ、弥兵衛に破り捨てられ、黒幕は近いところにいるもんだ、と笑われてしまったという。

 一方、井坂は大目付の菊井六郎兵衛(清水将夫)に同じ報告をしたところ、一緒に告発に加わってくれると言った。その言葉に侍たちは歓喜する。

 しかしそこに謎の浪人が現れる。浪人はその菊井こそが汚職の黒幕だ、と明かす。最初は信じなかった侍たちだったが社殿が菊井の手下たちに囲まれてしまい信じざるを得なくなる。浪人は床下に侍たちを隠して、社殿の中には自分以外誰もいない、と菊井の懐刀の室戸半兵衛(仲代達矢)に説明する。室戸は浪人の刀の腕を気に入り、仕官したくなったらいつでも黒藤邸に来い、と誘い兵を率いて去って行った。

9人の侍を庇う三十郎


 侍たちは浪人に感謝すると共に室戸に対する怒りを覚える。一方、浪人は「今度は睦田の身が危ない」と話し侍たちは睦田邸へ急行する。

椿三十郎


 浪人は侍たちと協力し睦田邸に監禁されていた睦田夫人(入江たか子)と千鳥(団令子)を助け出して黒藤邸の隣にある9人の侍の一人・寺田文治(平田昭彦)の家をアジトとしてそこに潜伏する。またその時、菊井側の見張り・木村(小林桂樹)を監禁する。隣の黒藤邸が筒抜けだった。

 一方の黒藤邸では竹林(藤原釜足)、菊井大目付らもいた。この邸に実は睦田弥兵衛が捕まって自分が汚職にかかわっていた、と自白状を書かされそうになっている。

 一方、争いごとを嫌い穏やかにことを進めたいのんきな睦田夫人は浪人を「鞘にしまってない刀がアナタです。本当にいい刀は鞘に入っている刀」浪人に名前を聞く。浪人は隣の黒藤邸(別名、椿屋敷)に咲いていた椿を見て自分は椿三十郎だ、と名乗った。

 三十郎は何故、睦田家老がいないのか騒げば連中もあわただしくなる、と考えたが菊井はその先手を打ち、「睦田が汚職の首謀者だったため捕らえた」という立札を立てた。これで世論も味方する。

 三十郎は黒藤邸に潜入するため、室戸半兵衛と面会し室戸に仕官した風を装う。

 一方、三十郎が裏切ったのではと怪しむ保川邦衛(田中邦衛)らは三十郎を尾行するべきだ、と主張。やむを得ず四人で黒藤邸を出た三十郎と半兵衛を尾行することに。

 半兵衛と三十郎はその四人を捕らえる。だが半兵衛がしばらく黒藤邸を離れたすきに三十郎は黒藤邸に居た菊井の部下20人ほどを全滅させ、捕まった四人を解放する。やがて半兵衛は黒藤邸に戻り縛られた演技をしていた三十郎を解放し三十郎は仕官を取り止めにさせられる。

 その後、三十郎は寺田邸に戻り若侍たちを叱咤する。やがて黒藤邸と繋がっている小川から若侍たちが睦田家老に提出した血判書が見つかる。つまり黒藤邸からその血判書が流れてきた、それは睦田が黒藤邸に捕らわれていることを意味した。

 三十郎は黒藤邸から睦田を取り戻す作戦を立てる。椿の花を小川から不自然に流すのでそれが流れてきたら黒藤邸への突入の合図、ということになる。

 まず三十郎は黒藤邸に行き室戸半兵衛に、少し離れた光明寺という寺で睦田の部下を見つけたと偽情報を流し菊井とその主力を寺に向かわせた。そして誰もいなくなった黒藤邸へ突入させようと小川から椿を流そうとするがそれを半兵衛に見つかる。

 三十郎は捕らわれ、やがて光明寺で三十郎が睦田の部下を見た、というのが偽情報だと判明。半兵衛は主力を呼び戻すために馬で光明寺へ向かった。

捕らわれた三十郎

 縄で縛られた三十郎は実は仲間が隣の寺田邸にいることを明かし「赤い椿が黒藤邸への突入命令、白い椿は中止命令だ」と騙す。慌てた黒藤と竹林は一心不乱に白い椿を流す。

 やがて黒藤邸から白い椿が大量に流れたのを確認した井坂ら侍は黒藤邸に突入。黒藤と竹林を捕らえ、睦田を解放する。邸に戻ってきた菊井と室戸半兵衛は自分たちが敗北したことを思い知らされる。


 城で、椿三十郎は睦田の招待をすっぽかしどこかへと去ってしまった。追いかけた井坂たちが見かけたもの、それは三十郎と半兵衛の一騎打ちだった。

 刀を抜く前の緊張感。やがて刀を抜くのは半兵衛が早かったが刀が自分の体に入る前に三十郎が刀で半兵衛を斬る。半兵衛は血しぶきを流して息絶える。

血しぶきをあげる室戸半兵衛



 三十郎は最後に井坂たちに言う。「本当にいい刀は鞘にしまってある刀だ。俺は鞘にしまわれていない。お前たちは鞘にしまわれた刀になれよ」と言い残しどこかへと消えて行った・・・






 本当にいい刀は鞘にしまってある刀・・・確かにそうですね。ダーティーハリーが許されるのはアメリカぐらいですよ。

 それにしても今回、椿三十郎にとってさぞかしマイペースで争い事が嫌いで穏やかな睦田夫人とは相性が悪かったでしょうねえ。凄い三十郎がやりにくそうでした。そしてそのやりにくそうな演技をする三船敏郎もとっても素晴らしい!
スポンサーサイト
Category: 邦画タ行

ホーム・アローン | Home | ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。