上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒッチコックサスペンスには毎回、驚かされます。ストーリーはまあ、そうですがなんといってもヒッチコックのあの不気味な演出が毎度、素晴らしい。


『めまい』 (1958年・米)
めまい
スタッフ
監督:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:アレック・コペル、サミュエル・テイラー
原作:ボワロー=ナルスジャック「死者の中から」
製作:アルフレッド・ヒッチコック
音楽:バーナード・ハーマン
撮影:ロバート・バークス
編集:ジョージ・トマシーニ
製作会社:パラマウント映画
配給:パラマウント映画
キャスト
ジョン・ファーガーソン〝スコティ〟:ジェームズ・スチュアート
マデリン・エルスター:キム・ノヴァク
ジュディ・バートン:キム・ノヴァク
ミッジ:バーバラ・ベル・ゲデス
エルスター:トム・ヘルモア

スーツを着て通りを歩く男:アルフレッド・ヒッチコック


 アルフレッド・ヒッチコック監督作品「めまい」。原題タイトルは「Vertigo

 ヒッチコック作品はこれで四つ目ですかね。「バルカン超特急」、「サイコ」、「鳥」と観てこれを観ました。ヒッチコックはこれを失敗作だ、と語っているようですが私の目からすればヒッチコックがそんなことを言うなんて贅沢だなあ、なんて思いました。

 舞台はほとんどがサンフランシスコ。ヒッチコックは本当にサンフランシスコの情景を撮影するのがうまかったですねえ。サンフンランシスコといえば、金門橋〈ゴールデンゲート・ブリッジ〉。人気ドラマ「フルハウス」のオープニングで出てきますね。関係ないですが私は「GTA SA」といゲームでサンフランシスコをモデルとしたステージで遊んだことがあるので、サンフランシスコで観たことある建物とか見覚えある建物とか何個か見つけました。でも実際にシスコに行ったことは無いんですよねえ・・

 ジミー・スチュアートは、「素晴らしき哉、人生!」以来、久しぶりに映画を観ました。まあ彼の作品はそれとこのめまいだけしか観てないんですが、「素晴らしき哉、人生!」のせいで彼が良い人の役をやる、というイメージが定着してしまいました。今回は特段、良い人ではない役を演じましたね。別に悪者でもないと思いますが・・

 ヒロインを演じたのはキム・ノヴァク。最初は主人公スコティの幼馴染というか古くからの友人のバーバラ・ベル・ゲデスが演じた役がヒロインかと思っていましたが結局、違ったようですね。キム・ノヴァクはなんだか清楚というか可愛いというか、この女性はとても妖艶な雰囲気を醸し出す人なんですね。終盤のドレスで少し肌を露出していたあたりのシーンは思わず「この人、ふとましいなあ・・」と思ってしまいました。むっちりしてる様に見えました。


【あらすじ】

 ジョン・ファーガーソン刑事は犯人を追跡中に屋根にぶらさがった際、自分を助けようとした警官が屋根から転落死してしまい、高所恐怖症となってしまう。刑事を辞めた彼は古い友人から妻マデリンの様子がおかしいので尾行して調査してほしい、と依頼される。ある日、ファーガーソンはマデリンがサンフランシスコ湾に飛び込んだのを見て彼女を助け出し・・・


♪めまいのテーマ
バーナード・ハーマン


スコティ(ジェームズ・スチュアート)
スコティ(ジェームズ・スチュアート)
マデリン(キム・ノヴァク)
マデリン(キム・ノヴァク)













【以下全文ネタバレ注意】












↓四行後にネタバレ文あり



 スコティことジョン・ファーガーソン(ジェームズ・スチュアート)刑事は犯人を追跡中、屋根から屋根を伝うときにあやまって屋根にぶら下がってしまう。助け出そうとした同僚警官が屋根からすべり落ちて転落死してしまう。その時のショックでスコティは高所恐怖症になってしまう。

屋根にぶらさがるスコティ

 ショックを受けたスコティは自ら警察を辞職。今は古い頃からの友人で商業画家のミッジ(バーバラ・ベル・ゲデス)の家に入りびたりしている。

 ある日、サンフランシスコに帰って来た旧友エルスター(トム・ヘルモア)に呼び出される。彼は今や造船所の経営者となっていた。

 そんなエルスターは妻が亡者にとりつかれているから尾行調査してほしい、と訳の分からない相談をスコティにする。スコティは話だけは聞くことにした。

 なんでもエルスターの妻マデリン(キム・ノヴァク)は食事中に突然ぼうっとしたり、どこかへ出かけてはその出かけた時の記憶が飛んでいたり。まるで何かが憑りついてしまったのでは、とエルスターは妻の身を案じていたのだ。スコティは半信半疑で彼の調査を請け負うことに決める。

 マデリンはまず車で教会の庭に行き、カルロッタという女性の墓を訪れる。その後は美術館にカルロッタの肖像画を見に行ったり、ホテルを訪れたりする。

 スコティはサンフランシスコの古い歴史に詳しい本屋の主人にカルロッタの話を聞く。カルロッタは結婚相手に自分の子供を奪われ、サンフランシスコで一人さびしく暮らす。彼女は正気を失い、子供を求めてさまよっていた。挙句の果てに最後は自殺したのだという。マデリンが最後に訪れたホテルも昔はカルロッタの家だったという。

 スコティはそのことをエルスターに報告。エルスターは最初から知っていたようで、実はマデリンの先祖がカルロッタだったという事実も明かす。

 ある日、いつも通り尾行していたスコティ。しかしマデリンは突如、金門橋の下の岸辺から海に飛び込んでしまう。慌てたスコティはすぐに泳いでマデリンを助け車に乗せる。

 スコティはマデリンを自分の家で寝かせていた。やがて目覚めたマデリンと会話するスコティ。マデリンは自分が海に飛び込んだ記憶も曖昧だ、と話す。しかしマデリンはスコティがほんの少し目を離した隙に自分で家に帰ってしまう。それを遠くから目撃していたミッジは嫉妬をする。

 翌朝、再び尾行を開始したスコティはマデリンが自分の家に車を停めたのを見てあわてて降りる。マデリンはスコティの家のポストにお詫びの手紙を入れ込んだのだ。スコティはマデリンが暇であることを確認し一緒に郊外の森へ遊びに行く。

 その森で突如としてマデリンが幽霊に乗り移られたような態度を示し、スコティはマデリンの〝幽霊〟の部分について問い詰める。やがて自分が毎夜のように見てしまう自分を死に招く悪夢の話をする。森を嫌がるマデリンのために今度は海を見に行く。

 マデリンはそこで、自分はどうせ自分の中に居る〝何者〟かに死に招かれるのだ、と海に駆け出していく。スコティは海へ走って行くマデリンを引き止め、マデリンの死に怯える本音を聞き出す。スコティは自分がいるから安心だ、と必死にマデリンを慰め二人は抱擁を交わす。二人は自然と惹かれあってしまっていたのだ。

惹かれ合う二人

 夜、ミッジに呼ばれたスコティ。ミッジは嫉妬のあまりカルロッタの肖像画に自分の顔を当てはめた茶化しの絵をスコティに見せる。スコティはその絵を見てミッジに失望し去って行く。ミッジは自分のしたことを後悔するのだった。

 早朝、マデリンはスコティにあの悪夢を見てしまった、と家に飛び込んでくる。スコティはマデリンを何とかしてあげたい、と彼女の夢に出てくる修道院に二人で向かう。

 その修道院で不安に怯えるマデリンにスコティはついに気持ちを抑えられず愛の告白をしてしまう。マデリンもスコティに愛の告白をするが「私が失われればあなたが私が愛していたこともよく分かるでしょう」と言って教会に駆け込み階段を上り始める。

 マデリンのしようとしていたことに気付いたスコティも階段を上るが、途中で高所恐怖症でめまいが起こり階段を登れなくなってしまう。やがてマデリンの悲鳴とともに上から落下するマデリンの姿を目撃する。


 マデリンの死は精神異常によるもので、スコティとエスルターの罪は問われない、との判決が下る。エルスターはスコティを慰め、ヨーロッパへ行くのでお別れだ、と告げるのだった。

 精神的ショックを追ったスコティは療養所でミッジの介護を受けていた。しかし今でもマデリンのことを思いつづけていた。

 退院したスコティは街中でマデリンに似た女性を見つける。気になったスコティはその女性のあとをつけて家まで押し掛ける。スコティはその女性に恋人に似た女性なので詳しく話を聞かせてほしいと問い詰める。

 気味悪がりながらも女性は自分の名前ジュディ・バートン(キム・ノヴァク)を名乗る。ジュディはスコティのその恋人が死んだことを悟り、自分の態度を詫びる。スコティは自分の為に一緒に食事してほしい、とジュディを誘いジュディは渋々、それに従う。

 ジュディが着替えるから、と言ってスコティを退室させたあとかつてマデリンが着ていたドレスを確認する。そして手紙を書き始める。

 それは打ち明けの手紙だった。実はジュディはエルスターのマデリン殺しに協力していたのだ。というのも、マデリンが精神異常だったという状況を作るためにエルスターはマデリンを演じたマデリンの偽物ジュディをスコティに尾行させ、さも精神を病んでいたようにスコティに見せる。

 そしてジュディはマデリンとしてスコティと逢引を重ね教会をかけのぼる際は教会の一番上でマデリンの首を折ったエルスターと合流。エルスターはスコティに自殺の証言者になってもらうべく、マデリンの遺体を屋根から投げてさもマデリンは自殺で死んだと見せかけたのだ。塔を登ることができないスコティは証言者には丁度よかった。悲鳴をあげたのはマデリンの偽物ジュディだったのだ。

 しかし誤算だったのはジュディはスコティを本気で愛してしまったことだった。

 その打ち明けの手紙を書き終えたジュディはその手紙を置いて姿を消そうとするがスコティへの愛がそれを思いとどまらせ手紙は捨てられる。それからジュディは何度もスコティと楽しい一時を過ごす。

 一方のスコティは付き合えば付き合うほど愛しのマデリン(ジュディ)への思いを再燃させていき、ついには彼女と同じ服装や化粧をジュディに強要する。ジュディは最初はそれを拒むが、スコティに逆らうことができず髪もブロンドにしてしまう。

 そしてジュディはマデリンそっくりの姿になってしまい、スコティの心は救われ二人は本当に愛し合う関係となる。

 だがある日、ジュディが宝石のネックレスをつけるのを見てスコティはあのカルロッタの肖像画にも同じネックレスが描かれていることを思い出す。そしてジュディがあの愛したマデリン(ジュディ)だという事に気付く。

 スコティはジュディを教会の塔の上につれていく。階段を上るスコティだったが高所恐怖症も忘れるほど怒りに燃えていた。

 そして教会の鐘の部分でスコティはジュディの罪とエルスターの仕組んだ罠を問い詰める。

 ジュディはエルスターに協力したことを認めるが、スコティに本当に愛してしまったことを伝え二人は熱い接吻を交わす。

 しかしその時だった。不審な空気を感じたシスターが上ってきた。シスターと知らず怯えてしまったジュディは足を踏み外して転落してしまう。

 シスターは慌ててジュデイの冥福を祈り鐘を鳴らす。鳴り響く鐘のなか、スコティは呆然と落ちた方向を見つめる・・・






 ヒッチコックがショックに陥ったあとのスコティのことを屍姦している、とたとえました。全くその通りですね。スコティはジュディを亡くなったと思っていた恋人と重ね、着せ替え人形のように死んだ女の服を着せたりして。

 まあラストシーンは私もショックを受けましたが自業自得といえなくもないですね。ジュディは間違いなくスコティを騙しマデリン殺しに協力したんです。それだけは事実として変わりないからまあ、自業自得といえば本当に反論する余地がありませんね。
スポンサーサイト
Category: 洋画マ行

午前一時 | Home | ロリータ

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。