上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひまわりが登場しない最後の映画だそうです。だからひまわり居なかったのかあ・・


『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』 (1996年・日)
クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険
スタッフ
監督:本郷みつる
脚本:原恵一、本郷みつる
原作:臼井儀人「クレヨンしんちゃん」
製作プロデューサー:茂木仁史、太田賢司、堀内孝
音楽:荒川敏行、宮崎慎二
撮影:高橋秀子
編集:岡安肇
製作会社:シンエイ動画、ASATSU、テレビ朝日
配給:東宝
キャスト
野原しんのすけ:矢島晶子
野原みさえ:ならはしみき
野原ひろし:藤原啓治
風間くん:真柴摩利
ネネちゃん:林玉緒
マサオくん:鈴木みえ(現・一龍斎貞友)
ボーちゃん:佐藤智恵
河村くん:大塚智子
よしなが先生:高田由美
まつざか先生:富沢美智恵
園長先生:納谷六朗
トッペマ・マペット/メモリ・ミモリ姫:渕崎ゆり子
ゴーマン王子:保志総一朗
ス・ノーマン・パー:古川登志夫
クレイ・G・マッド:辻親八
チョキリーヌ・ベスタ:深雪さなえ
アクション仮面:玄田哲章
カンタムロボ:大滝進矢
ぶりぶりざえもん:塩沢兼人
ランプの精(スゲーナスゴイデスのトランプの精(略してスゲトラちゃん)):八奈見乗児
ジョマ:田中秀幸
マカオ:大塚芳忠


 本郷みつる監督作品「クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」

 この映画は古川登志夫さんが声をアテていたス・ノーマン・パーという敵キャラが一番好きなんですよね。敵キャラのくせに江戸っ子ですげえ気さくなキャラクターなんですよね。古川さんの声も合ってたし・・

 96年だから声優も結構豪華な感じですよねえ。八奈見乗児(ドラゴンボールの界王様)とかなんといっても敵の首謀者のマカオが大塚芳忠ってのもいいですね。あとジョマは田中秀幸。秀幸さんのオカマ声は広川太一郎に似ていますね。

 ヒロインは渕崎ゆり子。私は渕崎ゆり子は「めぞん一刻」でのあの主人公に恋する女子高生・八神の声が好きでした。

 さてこの映画での最大の見どころは野原一家とオカマのジョマとマカオの追いかけっこですね。ひたすらに追いかけ邪魔したりするあの描写は最大の見どころだと私は思いましたね。

 ストーリーは私にとってはどうでもよかったですね・・というか春日部防衛隊が全然、活躍しなかったのでちょっと不満気味ですねえ。あとしんのすけのキャラって映画だとよくぶれますよね。オトナ帝国の逆襲のしんちゃんとは同一人物に見えませんよ・・この映画のしんちゃん。


【あらすじ】

 ふたば幼稚園の遠足でしんのすけ達は群馬に出来た新しい遊園地「ヘンダーランド」に来ていた。そこで迷子になったしんのすけはトッペマ・マペットという動く不思議な人形の少女に出会う。しんのすけはトッペマの話を聞き違う世界から来たお化けを倒してほしい、という頼みを拒絶する。だがヘンダーランド側はしんのすけを見逃そうとはしなかった・・・













【以下全部ネタバレ注意】












↓四行後にネタバレ文あり




 ある国の王子様がお姫様を救うためにオカマ魔女のマカオ(大塚芳忠)とジョマ(田中秀幸)に戦いを挑むが、敗れてしまう。

 ふたば幼稚園の野原しんのすけ(矢島晶子)達は群馬県に新しく出来たテーマパーク「ヘンダーランド」にやってきていた。様々なアトラクションを楽しむしんのすけ達だった。



 しかししんのすけは途中で迷子になってしまう。たまたま建設中のテントに入り込んでしまったしんのすけはそこで機械の中に動かなくなった女性を見かける。そんなしんのすけに声をかけたのはサーカス団長のクレイ・G・マッド(辻親八)。

 クレイはしんのすけの気を引くために人形劇を見せる。しんのすけはクレイが止めるのも聞かずその人形トッペマ・マペットのネジを巻いてしまう。


♪――わたしは トッペマ あなたの しもべ
    だけど 何の 役にも 立たない
    だって わたしは ただの マペット――♪


 ネジを巻かれて動き出したトッペマ・マペット(渕崎ゆり子)。マペットはしんのすけに団長らヘンダーランドの奴らは怪物で、私たちの世界を滅ぼし今度はしんのすけらの世界も滅ぼすつもりだ、と打ち明ける。しんのすけはマペットのいう事を聞く。

 マペットは狼に変身したクレイを魔法のカード、スゲーナ・スゴイデスによって消滅させる。しかしテントから脱出しようとした直後に遭遇したケバい女性チョキリーヌ・ベスタ(深雪さなえ)にしんのすけは誘惑されてしまう。

 チョキリーヌが悪い女だと知ったしんのすけはマペットに味方するがチョキリーヌはマペットを消してしまった。しんのすけは何もできずにマペットのネジを持って家に帰ってしまう。

 家に帰った後、浴室でしんのすけはマペットと再会する。マペットは世界を助けるためにしんのすけが魔法のカード、スゲーナ・スゴイデスを唯一、強力な力で使うことができるので一緒に魔女マカオとジョマと戦ってほしいと頼み込む。しかしそんな大きな連中と戦うことを怖がったしんのすけは拒否しマペットは去ってしまった。

 それからしばらく過ごしたしんのすけ。しかしマカオとジョマは見逃すはずがなく、新幹部のス・ノーマン・パー(古川登志夫)がふたば幼稚園に送り込まれる。最初は気さくなス・ノーマンを信じたしんのすけだったがス・ノーマンが魔法のカードのことを問い質してきたためしんのすけは警戒する。

 その夜、野原みさえ(ならはしみき)やヒロシ(藤原啓治)と仲良くなったス・ノーマン。ス・ノーマンは二人を眠らせてしんのすけを襲う。しんのすけはカードで頼りになるアクション仮面(玄田哲章)、カンタムロボ(大滝進矢)、ぶりぶりざえもん(塩沢兼人)を呼び出す。

 アクション仮面、カンタムロボの攻撃もス・ノーマンにはきかない。あろうことかぶりぶりざえもんは裏切ろうとする始末。しかししんのすけも含めた四人でス・ノーマンを囲みおしくらまんじゅうをするとス・ノーマンは溶けだしたため、ス・ノーマンは撤退する。

 しかしス・ノーマンはヘンダーランドに野原一家を招待チケットを送って誘き出していた。しんのすけは行くのを嫌がってもひろしとみさえはチケットが勿体ない、と連れて行ってしまう。

 帰る直前、ひろしとみさえはトイレに行ったときに誘拐され偽物の人形がしんのすけを家へ連れ帰る。人形は風呂場でしんのすけを襲うがそれを助けたのはマペットだった。しんのすけは両親を助けるためにヘンダーランドへ行くことを決意する。

 ヘンダーランドで再びアクション仮面、カンタムロボ、ぶりぶりざえもんの力を借りて狼のクレイを湖に落としたしんのすけ。やがてクレイはひろしの姿に戻った。クレイはひろしの体を借りていたのだ。

大勝利
↑左からアクション仮面、カンタムロボ、野原しんのすけ、ぶりぶりざえもん、マペット

 続いて襲い掛かるチョキリーヌ。マペットは自分を巻き込んだ攻撃でチョキータを倒す。しんのすけは涙ながらにマペットに駆け寄るがマペットはやがて動けなくなってしまった。そしてチョキリーヌはみさえの姿に戻った。

 最終決戦。野原一家は城でオカマ魔女のマカオと対決する。一回戦は踊りの戦いで勝利。二回戦はババ抜きで敗北。やがてしんのすけは魔法のカードの中からジョーカーを使う。

 すると時が止まってしまった。やがてジョーカーのカードの精霊(八奈見乗児)がしんのすけだけにオカマ魔女を倒す方法を教える。城のてっぺん近くまで登ってカードを指定の位置にかざせばいい、とのことだった。



 やがて城のてっぺんを目指す野原一家とオカマ魔女二人の追いかけっこが始まった。(このシーンがこの映画最大の見どころ

 何とかカードをかざしたしんのすけ。やがて城が崩れ出し野原一家は砦のようなところの仕掛けをつかってなんとか生き延びた。

 しかしそこにス・ノーマンがやってくる。万事休すのところへやってきたのはしんのすけがテントで見つけた機会に捕らわれた女性。女性はス・ノーマンを元の姿に戻す。ゴーマン王子(保志総一朗)で、その女性メモリ・ミモリ姫(渕崎ゆり子)の国の王子だったのだ。

 メモリ・ミモリ姫はマペットに身体を封じられていたのだ。つまりマペットは生きていたことになる。しんのすけは大喜びする。

 やがて元の世界に戻ったミモリ姫はゴーマン王子と結婚し二人は仲良く暮らしましたとさ、めでたしめでたし。








 やはりこの映画も面白かったですけどオトナ帝国の逆襲には及ばない、と感じました。オトナ帝国は本当に良い映画でした。

 しかしこの映画では本当にオカマ魔女と野原一家の追いかけっこのシーンに凄く力を注ぎこんでいる、と感じました。このシーンのつくりに本当に感心しました。どんな映画にも必ず良い所はある、それは淀川氏と同意見だしそういう信条を私はとても尊敬しています。

 そしてストーリーはどうでもいい、とは言いましたが実はこの映画。シリアスとコメディの対比がうまくできていると思いました。しんのすけがマペットを拒否したあと、わずかながら過ごした平和な日々・・しかしそこにも納得できないところがあるわけで。そのシーンがうまく音楽と合っているんですよね。

 そしてしんのすけがマペットを失い(正確には後に生きていたが)ヒロシが「今、俺たちの息子が成長し少し大人になったところだ」というセリフ。確かにしんのすけがぶれている、と感じたのは事実ですがこの映画はしんのすけの心を象徴する映画とも感じました。

 この映画をこれから観る予定がある方はそういったところも感じて観賞するのもいいと思います。
スポンサーサイト

男はつらいよ | Home | ジャックと豆の木

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。